「感謝」で思考は現実になる

IMG_20170823_134958ブログ

全米でベストセラーとなっているパム・グラウト氏著『「感謝」で思考は現実になる』。本書の中では、感謝の周波数に乗り、宇宙の力を自由自在に使えるようになるための簡単な実践方法が紹介されています。彼女は、思考を現実化する力は思考の中の「感謝」にあると冒頭で述べています。そして、望む未来を手に入れるために、過去のことをくよくよと思い悩み、うまくいかない現実に目を向けるのではなく、変わりに感謝をしてみようと投げかけています。

目の前のことに追われ、慌ただしく生活をしていると、ついつい感謝の気持ちを忘れがちになってしまうもの。出来ていないことや問題ばかりに目が行き、イライラしてしまうことも…。けれど、本当はこうして生かされていることが奇跡。この当たり前のことに感謝できるかどうかで人生は大きく変わってきますし、病気治しにおいても、些細なことに感謝できるかどうかが明暗をわけると言っても過言ではありません。

以下本文より抜粋しました。

問題だらけの人生と、喜びの人生をわける「あるもの」とは?

この物質世界に存在するものは、すべてエネルギーの波(またの名を「思考」)の状態から始まっている。形のないエネルギーが何らかの形になり、「もの」として私たちのまわりに出現する…

それぞれがダウンロードしたエネルギーは、電波となってそのまま宇宙に送信される。私たちの思い込みや期待が、宇宙に投影される。この電波が、私たちの人生を動かすエンジンだ。私たちが送り出しているエネルギーは目に見えない電波となり、同じ周波数を持つ状況や経験を引き寄せている。

つまり、あなたが送り出しているエネルギーの振動が、実際に人生で経験することを決めているということだ。どんなエネルギーで生きているかによって、簡単に人生の問題を見つけて解決することができるのか、ずっと問題だらけの人生なのか決まる。

願いがかなうのを邪魔する「雑音」の正体

人間のエネルギーの中にある雑音は、目で見ることはできない。目には見えないけれど、間違いなく存在している。重力は目に見えないけれど、つねに働いているのと同じことだ。では、どんな「雑音」が、私たちの願いをかなえるのをじゃましているのだろうか?

たとえば、不機嫌、不幸、愚痴っぽい態度は、すべてのいいものを遮断してします。腹を立てたり、人生の問題のことばかり考えたりしていると、愛と恵みの周波数を遠ざけてしまう。聖なるエネルギーとの接続を切ってしまっている状態だ。

量子力学が証明した、「意識」の力

量子力学が提唱する世界では、すべてのものがつながっている。私たちの誰もが、全宇宙のエネルギー・フィールドを構成する重要な一部分だ。つまり、誰かが何かに意識を集中すると、そこにエネルギーのさざ波が起こる。私たちの意識は、自分だけでなく、全宇宙に影響を与える。すべての行動、思考、思い込みが、宇宙に影響力を持っている。

ドイツ人の物理学者のハイゼンベルクによると、人は自分が見ているものすべてに影響を与え、変化させる。何かをただ見るだけで、その何かの分子を変え、原子を変え、エネルギーを変えるほどの力を発しているということだ。私が何を見ても、私が何をしても、この世に存在する全てのものに影響を与えている。…

感謝の気持ちで世界を観察すると、美しいものや、すばらしいものばかりが目に入る。その状態になると私たちは、今度は愛や魔法、奇跡のエネルギーを放出するようになる。

(以上本文より)

感謝の気持ちに宇宙のパワーをプラスして

彼女の言葉を読むと、意識の力がどれほど大切かわかるでしょう。今のあなたの意識が全ての現実を創り出し、世界や宇宙にまで影響を与えています。だとしたら、誰より自分のために感謝の気持ちを持ち、「幸せと愛のエネルギー」を発しながら生きたいと思わないでしょうか?

ここで、感謝の気持ちに”宇宙のパワー”をプラスすると、より望む未来を引き寄せられるようになります。

マインドパワーは、誰もが持っている潜在能力の一部で、そのスイッチがオンになると誰でも自由に人を癒せるようになります。宇宙のフリーエネルギーを自分の手の中に呼び起こし、「痛み取れろ」「身体軽くなれ」と意識をして、あとは無になって宇宙のエネルギーを相手に送るだけです。短時間で確かな結果がでますので、パワーを日々使う中で、自然と思考・言葉・行動のパターンが変わり、意識が大きく変わっていきます。そして、宇宙の循環の法則の中で、人のためにパワーを使えば使うほど、その利他的な行ないはブーメランのように自分に返ってきます。

本を読んで「眼からうろこ」とばかりに、意識が変わることがあると思うのですが、この変化した意識を持続することが簡単ではありません。長年染みついた思考の癖に邪魔されて、別人のようになれたと思ったのに、いつの間にか元の自分に戻っていたという経験はないでしょうか?

私自身、小林正観さんの本を読んで「ありがとう」を実践を開始し、「ありがとう」の実践をはじめて3年目にマインドパワーに出会うことができました。「ありがとう」と唱えていた頃は自身の生活や内面に変化を感じなかったのですが、実際に、宇宙のパワーを使ってみると意識の変化がスピーディに起こり、自分の人生が瞬く間によい方向へ変わりました。何よりも、古い価値観や常識、長年染みついた思考の癖や潜在意識の檻から自由になることができ、以前より生きるのがずっと楽になりました。

私がマインドパワーを伝えている理由の一つに、意識が全てを創り出しているので、意識を変える強力なツールを手にしてほしいと思うからです。意識が変われば、病はもちろん、人生が変わります。仕事の問題、家族との確執、家族の病気、すべてが解消していきます。そして、一人の意識が全世界や宇宙に影響を与えているので、一人一人の意識の変革の積み重ねが地球の未来に繋がっていくからです。

「感謝」の効果は素晴らしいと思います。でも実際に目の前で家族が脳梗塞や心筋梗塞で倒れた時、感謝だけでは家族を救うことはできません。何かあった時に守られる力、大切な人を守れる力を身につけていてほしいと思うのです。

ところで70代のある男性。10代の頃に崖から落ちて受けて脊椎の古傷がぶり返し、痛みに苦しみ、車椅子生活になってしまいました。ご本人曰く日本でも5本の指に入る整形外科医のドクターから「古傷の手術はできません。医療ではどうにもなりません」と宣告され、車椅子で生活をしていました。

しかし、昨年12月にマインドパワーに出会い、今年の2月に集中的なパワーの施療を受けたところ1か月経たないうちに痛みが消え、車椅子がはずれ、2本杖で歩けるようになりました。今日、半年ぶりにお会いしたのですが、いまだに痛みは全くなく、今後は杖1本で歩けるようになるのが目標だと話してくださいました。

初めてお会いした時は、笑顔もなく、「こだわりが強く難しい方だな…」という印象でしたが、お顔が柔和になり、笑顔がたくさんみられるようになっていました。お兄さんも今年の春にパワーを手にされ、今では毎日お互いにパワーを通しあっているというのです。老人ホームの職員さんの前で、お兄さんの股関節の痛みを取ってあげた話や、遠くに暮らす親族の痛みを遠隔で取った話などをしてくださいました。「最近沢山実践しているので、ますますパワーアップしてきました。」と誇らしげにおっしゃっていました。男性の様子を見たスタッフが、「どんな人でも変わることができるのですね…」としみじみつぶやいていました。70歳を過ぎても変わることができるのです。

どんな状況にあっても、感謝できることが一つはあるはずです。

何か一つでも感謝してみる

そこから人生が変わるのではないでしょうか。

ブログランキングに参加しています。

応援クリックをお願いします。励みになります!

書籍紹介

マインドパワーの真髄を学びたい人にはこの一冊

「生きて 愛して 笑って」 (画像をクリック☟)

IMG_20150921_105618                                                                                                全360ページ 1944円(税込)        
ジュンク堂、紀伊国屋など全国各地の書店で好評発売中
郵送をご希望の方はこちらから

電子書籍でのご購入はこちらから

お問い合わせはこちらから☟

   お問い合わせフォーム

太陽の丘クリニック公式ブログ☟

福岡市の郊外にある太陽の丘クリニックは、豊かな自然に囲まれた癒しのクリニック。   必要な検査や投薬は行いながら、西洋医学をベースに患者さん本来が持つ自然治癒力を高める診療を目指しています。遠方から来られる患者さんのためにも土日・祝日も診療を行っています。http://taiyonooka-clinic.com/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする