人生を決めるのは、心の中に抱く「思い」

IMG_20180210_100344

京セラや第二電電(現KDDI)などを創業し、 日本航空(JAL)を再建した実業家として知られる稲盛和夫氏著『活きる力』。本書は稲盛氏の母校の鹿児島大学に設立された「稲盛アカデミー」にて学生たちへ向けた講演を再現したものです。稲盛氏のお考えにはとても共感するところが多く、稲盛氏が説いておられるように私も日々をど真剣に、誠実に生きていたいと思っています。これまで、その著書も紹介させていただきました。

人生を決めていくのは、心の中に抱く「思い」

私は84歳になりました。この84年にわたる人生を通じまして、心にどのような「思い」を描くかで、人生そのものが決まっていくのだというふうに思っています。そういうことを幾度も経験してきました。ですから、このことはこの世の真理であると、私は確信しています。…

「思う」ということは、「考える」ということよりもはるかに大事なことなのです。我々が生きていく中で、この「思う」ということほど、大きな力を持つものはないのではないかと、私はそう信じてきました。

本書を手に取ってくださった皆さんの中には、「勉強ができる」、「頭が良い」ということが大事であると思われている方がいるかもしれません。もちろんそれらは、とても大事な事ではあります。しかし、心にどのようなことを思うかということは、それよりもはるかに大事なことなのです。…

「思い」というのは、その人に合った境遇や環境を形成していきます。言い方を変えれば、「思い」の集積されたものが、その人の運命をつくっている。こう表現しても過言ではありません。…

「私は不幸な運命のもとに生まれた人間なんだ」とひがんだところで、何の意味もありません。

その運命は他人が押しつけたものでもなければ、自然がもたらしたものでもなく、ほかでもない自分自身の「思い」がつくりだしたものだからです。家族との関係、隣人との関係、仲間同士との関係など、人間関係のすべては自分の心の反映なのです。

(稲盛和夫氏 活きる力より一部抜粋)

人類は本当に生存していけるのだろうか

一生懸命に勉強して成功し、偉くなり、有名になっても、「謙虚さ」を忘れて傲慢になってはななりません。これからの日本を担っていく若い皆さんに勉強してもらいたいと思っていることは、人は頭が優秀でなければなりませんが、同時に人間性も立派でなければならないということです。立派な人間は、誠実で、真面目で、謙虚さを知っている。そのようなすばらしい人間性を備えた人間になってもらわなければなりません。

欲望を原動力にすれば、たしかに人間は成長し、成功していきます。しかし、その成長や成功を鼻にかけ、さらに欲望を肥大化させていった場合には、個々人は没落していきますし、地球そのものもダメになっていきます。

欲望を抑えるということは、人類の命題

仏教に「足るを知る」という言葉があります。仏陀が説いた教えのひとつですが、もういい加減にしなさい、欲張るのはほどほどにしなさいという意味です。この「足るを知る」ということが、今こそ大事な哲学になるのではないかと思います。

決して欲張らず、現在あることに感謝し、地球上のあらゆる生物を慈しみ、すべてのものを大事にし、共生していく。そのために、ただ「足るを知る」ということが、今こそ要るのではないかと思います。

(稲盛和夫氏 活きる力より一部抜粋)

どんな逆境に遭遇しようとも どれほど厳しい環境に置かれようとも

挫けることなく 常に明るい希望を持ち

地道な努力を一歩一歩たゆまずつづけていくならば

自分が思い描いた夢は 必ず実現する

(鹿児島大学「新進の気風広場」名誉博士像 銘文より)

これだけ読んでいただいただけで、魂に響くものがあるのではないでしょうか。

稲盛氏の生き方に触れた時いつも感じることなのですが、マインドパワーの創始者野中先生の生き方と通じるものがあるように思うのです。長年の病の末に出会った「マインドパワー」という見えない力。パワーで病を乗り越えた先生は、現代医学では見放された難病患者さんをはじめとして多くの人々の運命を変える手助けを行っておられます。これまで数々のバッシングや誹謗中傷を受けながらも、それでも前人未踏の道なき道を時代の先駆者として30年にわたり歩き続けていらっしゃいます。

パワーを持つ人達は、今や4万人余りとなり、パワーを日々使う私たちの常識や価値観はまさに一変してしまいました。まさにパラダイム・シフトです。

私は、7年前マインドパワーに出会うまで、西洋医学一辺倒で生きてきました。西洋医学が100%正しく、西洋医学以外の治療法は否定していました。洗脳されるほど単純でもなく、大いに反発し、大いに葛藤もしました。けれど、自分の手で起こす事実だけは曲げることはできず、良心に沿って歩んできた結果、今があります。西洋医学という技術や知識は大切なものですが、生命の不思議はそれを遥かに超越したところにあると知ることができました。それを知ることなく局所の症状だけに目を向けてしまっては、命の本質には到底辿り着くことができず、医療の根幹が本質からずれているからこそ、どれだけ医学が進歩した日本にあっても病気は減るどころか、むしろ増え続ける一方だと思うようになりました。

ところで、長年染みついた生き方や考え方、つまり性格を変えることは至難の業です。けれど、パワーという具体的なツールがあれば、思考・言葉・行動のパターンをスピーディに変えることができます。思考・言葉・行動のパターンが変わった時に、目の前の現実が変わっていくことを一つ一つ経験しながら、大切なことは自身が生み出す『意識』だけなのだと解るようになります。意識の矛先を、宇宙の意識に合わせ、宇宙の真理に沿って進んでいったのなら、どんな夢であっても叶えることができるのです。

宇宙に遍満する無限のフリーエネルギーを使って、波動を変化させ、お互いを癒す力。その根源は、他でもない宇宙意識、愛そのものです。光と闇、善と悪、二極化がますます進んでいる時代、このような力が誰でも使えるということが重大な意味を持っていると思えないでしょうか。

今月2月2日、野中先生の著書『意識のめさめ~私が人生で知りたかったこと』が株式会社幻冬舎より発売になり、全国各地の大手書店、アマゾンをはじめとする数種のウェブストアで入手できるようになりました。様々な精神世界の本が溢れていますが、経験を通した真実は、これほどまでに深いのかという衝撃の一冊でもあります。読んでみると、あなたの世界や価値観も変わっていくかもしれません。

「意識のめざめ~私が人生で知りたかったこと」 

(内容紹介文は画像をクリック☟)

61WFqY4O9+L__SX334_BO1,204,203,200_
全264ページ 1512円(税込)

ブログランキングに参加しています。

応援クリックをお願いします。励みになります!

書籍紹介

マインドパワーの真髄を学びたい人にはこの一冊

「生きて 愛して 笑って」(画像をクリック☟)

IMG_20150921_105618

全360ページ  1944円(税込)        
ジュンク堂、紀伊国屋など全国各地の書店で好評発売中 郵送をご希望の方はこちらから

お問い合わせは・本の注文はこちらから☟

   お問い合わせフォーム

太陽の丘クリニック公式ブログ☟

福岡市の郊外にある太陽の丘クリニックは、豊かな自然に囲まれた癒しのクリニック。必要な検査や投薬は行いながら、西洋医学をベースに患者さん本来が持つ自然治癒力を高める診療を目指しています。遠方から来られる患者さんのためにも土日・祝日も診療を行っています。http://taiyonooka-clinic.com/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする