他のエネルギー療法とマインドパワーの違いとは!?

IMG_20171107_141215ブログ

最近では、レイキ、気功、セラピューティックタッチ、ヒーリングタッチ、心霊療法(スピリチュアルヒーリング)など様々なエネルギー療法があります。元来、人間は癒しの能力を持っています。マインドパワーは、その誰もが持つ癒しの力を利用したもので、エネルギー伝授を受け、潜在意識のスイッチがオンになると子供からお年寄りまで自由に使えるようになります。よく、「レイキとマインドパワーはどう違うのですか?」という質問を受けます。

スウェーデンからマインドパワーを習得しに来た女性。自国ではレイキの治療を生業としており、エネルギー伝授をおこない使い方も教えていました。彼女にレイキとマインドパワーの違いについて尋ねてみました。自分のエネルギーではなく、自然や宇宙のエネルギーを取り入れて使うという点では似ているそうですが、一番の違いはその効果にあると言われました。レイキに比べマインドパワーは、直接的(directly)で簡便(simple)なのだそうです。例えば、彼女がおこなっていたレイキでは、施術をするのに1時間かかっていたそうです。その中で痛みが取れたり、視力が回復したりといった変化が起こっていたようですが、マインドパワーを用いると、数分から10分で結果を出すことができるのでより多くの方々を施術できると言っていました。

東京在住の40代の女性が、「これまで10年間精神世界やエネルギーワークを学んできましたが、具体的に痛みが取れるのはマインドパワーだけでした。」とおっしゃっており、神戸在住の薬剤師の方は、「私は気功を学んできました。10年かけてようやく気をあつめて人に気をあてて倒せるまでになりましたが、マインドパワーは修行もせず瞬時に使えるようになるというところが特筆すべき点です。」とお話をしてくださいました。

マインドパワーの強みは、私のようにもともと何の能力も持たない普通の人が、痛みを取れるようになることです。世の中にはすごい能力を持った方々が大勢いらっしゃいますが、これ程誰もが簡単にシンプルに痛みを取れる力は、他にないでしょう。また、マインドパワーを持つ両親の間に生まれた子供は生まれながらにパワーを使えることは、パワーが人類の進化の一過程であり、いつの日か誰もがパワーを使える時代が来ることを示唆しているように思います。

私は、日々の診療でマインドパワーを使っています。専門の皮膚科疾患だけでなく、腰痛、事故の後遺症、がん、視力・聴力障害、風邪や気管支炎、不安障害や統合失調症などの心の病など多岐にわたるご相談を受けます。施術を行うと9割以上の方が何らかの変化を実感されます。マインドパワーでは、どんな病気であっても治療法は同じです。身体のエネルギー(波動)を手のひらでキャッチし、エネルギーの滞っているところにパワー(エネルギー)を送りその滞りを解消することで、様々な諸症状を取り、自然治癒力を高める方法です。

現代の医療現場では、病院の収益をあげるために効率よく病床をまわしていくことが求められます。つまり、患者さんに短期間で退院していただくほど収益があがります。業務はデジタル化され、看護師さん達も患者さんを診ることよりパソコン入力に追われている現状。かつての私のように当初は熱い情熱をもって就職したものの慌ただしい業務に追われ、無感情で機械的になっていく医療者もすくなくないように思います。そんな中、マインドパワーは自分の手で患者さんを癒すことができるので、忘れかけていた感動や情熱を蘇らせてくれることでしょう。

パワーの使い方は、人それぞれ。

岐阜にお住まいの60代男性。1年前にマインドパワーを手にしました。ある日地元の施療所を通りがかり、何やら不思議なことをしていると思い、「何をしているのですか?」と入っていったことがきっかけでした。誰でもが人を癒せるようになると聞き、ちょうど仕事を退職して間もない頃、これからの人生は人のお役に立ちたいと思っていた矢先でもあり、すぐにパワーを取得しました。1年経った今でもパワーを使うことが楽しくて仕方ありません。ある時は、足を引きずりながら歩いている方の膝の痛みを取ってさしあげました。またある時、名古屋の街中で木の下で横になっている人がいました。しかし、誰も見向きもしません。男性は「どうしたのですか?」と近づいて声をかけました。「歩いていると腰がいたくなって我慢ができないので横になっていたのです。」という返事。そこで男性が腰にパワーを送ったところ、痛みが取れ、背筋を伸ばし歩けるようになり、「今の時代このような方がいらっしゃるのですね!」と喜ばれたと、意気揚々と話をしてくださいました。マイナス思考だった性格は、プラス思考になり、最初はパワーという言葉すら嫌がっていた奥様もパワーを手にし、今では日々お互いを癒しているそうです。素敵なエピソードですね。

かと思うといろいろな方がいます。同じく岐阜にお住まいの60代の男性。頚椎後縦靭帯骨化症を患い、6年前に手術をしましたが、左半身の動きが悪く、下肢の痺れに悩まされていました。今年の8月にパワーを手にしたものの、最初は半信半疑。けれど、自分が人に使ってみると「すごく効果があった」と数名から言われ、3か月経ってようやくすごい力を手にした実感が出てきたそうです。病気の症状も少しずつ改善しています。このようなタイプの方は、こだわりが強く治りにくいタイプではありますが、頑なな性格であっても、マインドパワーの実践をすれば、結果がでるので、誰もがその結果を持って納得、確信を深めていきます。そしてパワーの実践による感動は、頑なな心を溶かし、いつしか愛の人へと変えていくのです。

「これからは本物が残っていく時代だ」とどなたかがおっしゃいました。

本物の力を使いながら、感動あふれる毎日に感謝です。

ブログランキングに参加しています。

応援クリックをお願いします。励みになります!

書籍紹介

マインドパワーの真髄を学びたい人にはこの一冊

「生きて 愛して 笑って」(画像をクリック☟)

IMG_20150921_105618

全360ページ 1944円(税込)        
ジュンク堂、紀伊国屋など全国各地の書店で好評発売中
郵送をご希望の方はこちらから

お問い合わせはこちらから☟

   お問い合わせフォーム

太陽の丘クリニック公式ブログ☟

福岡市の郊外にある太陽の丘クリニックは、豊かな自然に囲まれた癒しのクリニック。必要な検査や投薬は行いながら、西洋医学をベースに患者さん本来が持つ自然治癒力を高める診療を目指しています。遠方から来られる患者さんのためにも土日・祝日も診療を行っています。http://taiyonooka-clinic.com/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする