世界で増え続ける失明者;自分の健康は自分で守る時代です!

sun-flower-2637156__340

定期的に送られてくるある医療関係の情報冊子に、世界の失明者は2050年には1億1500万人に増加するという見出しがありました。そこには「現在の環境が継続すると仮定すると、2015年には約3600万人であった失明者数は2050年には1億1500万人、中等度/重度弱視患者数は2億1700万人から5億8800万人へと増加するとみられ、新興国を中心に治療への介入を強化する必要がある」と書かれてありました(Vol50 No.23 Medical Tribuneより)

世界における失明の原因は、1位白内障、2位緑内障、3位加齢黄斑変性症であり、日本においては1位緑内障、2位糖尿病性網膜症、3位網膜色素変性症、4位加齢黄斑変性症となっています。

医学が進歩したと言われる時代にありながら、日本でもがん、心疾患、糖尿病、心の病など…、そして眼疾患まで増え続ける一方なのは何故でしょうか?人口の高齢化や生活の欧米化も大きな原因ではありますが、ここに現代医学の限界があるように思います。病気になってから対症療法に頼るのではなく、健康なうちから人間本来が持つ自然治癒力を高め、病気になりにくい心と身体づくりが大切だと考えます。

マインドパワーは医学的にはレイキや気功などのエネルギー療法に含まれ、簡単にいうと身体のエネルギーの乱れを整え、自然治癒力を高める治療法です。特記すべきは、1回の施術でほとんどの場合、何らかの変化を実感できることです。そして侵襲や副作用が一切ありません。これまでご紹介してきたように、マインドパワーによって現代医学では治らない、進行するしかないとされる眼疾患でも改善・治癒例がみられているのが現状です。

エネルギー療法による網膜色素変性症の改善!

ハンドヒーリングによる網膜色素変性症の克服!!

感覚器系の疾患にも強いハンドヒーリング(難聴・緑内障・脈絡網膜炎の改善)

たとえ眼の病気があっても、何の憂いも不安もなく、前向きに生きることができたら、それは健康であることと何ら変わらないと思います。たとえ緑内障や加齢黄斑変性症があっても、今を輝いて生きている方々もおられます。

加齢黄斑変性症でも将来に不安のない人生を!

人生、最高境涯!!

そして、私自身、診察の中である患者さんにハンドヒーリングの施術を行ったところ、字が全く判別ができない状態から〇の文字がわかるようになったという経験をしました。

1度のエネルギー療法で〇の文字が判読できるようになった!

自分の健康は、自分で守る時代。

日本という長寿国にあって、健康で生きたいものですね。

ブログランキングに参加しています。

応援クリックをお願いします。励みになります!

書籍紹介

マインドパワーの真髄を学びたい人にはこの一冊

「生きて 愛して 笑って」 (画像をクリック☟)

IMG_20150921_105618                                                                                                全360ページ 1944円(税込)        
ジュンク堂、紀伊国屋など全国各地の書店で好評発売中
郵送をご希望の方はこちらから

電子書籍でのご購入はこちらから

お問い合わせはこちらから☟

   お問い合わせフォーム

太陽の丘クリニック公式ブログ☟

福岡市の郊外にある太陽の丘クリニックは、豊かな自然に囲まれた癒しのクリニック。   必要な検査や投薬は行いながら、西洋医学をベースに患者さん本来が持つ自然治癒力を高める診療を目指しています。遠方から来られる患者さんのためにも土日・祝日も診療を行っています。http://taiyonooka-clinic.com/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする