現代医療に行き詰まりを感じている心あるお医者様へ

blog_import_576f2cf63e938ブログ

医師として患者さんと向き合いながら、現代医療の矛盾や限界に行き詰まりを感じているお医者様は意外に多くいらっしゃるのではないでしょうか?命に関わる疾患を診る機会の多い先生ほど、患者さんを救えない憤りや葛藤を抱えておられるかもしれません。

アメリカでは日本のように国民皆制度がなく、1990年代になり無保険者が全人口の15%を占め、高額な医療費の支払いが負担となり、国民の3分の1が代替医療を利用するようになったと聞きます。今では、富裕層にもその利用者が広がっています。1995年の調査では、すでに内科医の7~9割が代替医療を医療として認め、診療に取り入れたり、専門家へ紹介をしたりしているようです。2017年にNCCAM(アメリカ国立補完統合医療センター)が行った調査では、50歳以上のアメリカ人の3分の2以上が、マッサージやサプリメ ントなど何らかの代替療法を利用していることが分かっています。

一方日本は、国民皆制度が普及しており、救急車を利用しても無料です。支払いは多くとも3割負担、高額な医療を受けても高額医療制度により上限8万ほどで済むこともあります。いつでも、どこでも気軽に安く受診できる医療保険制度のおかげで、日本人の年間受診回数は世界トップです。しかし実状はと言えば、2015年の国民総医療費は42兆3億円を超え、医療保険財政は大幅に赤字であり、高齢化も伴って医療制度の崩壊が叫ばれています。今のように、保険を使って誰もが安価に病院を利用できる時代はそれほど長く続かないように思います。

日本は世界的にもがん死亡率が増加し続けているまれな国です。他の先進国は悪くても横ばいで、アメリカでは1990年頃から、がん死亡率は確実に減少しています。この理由には食育の転換と三大治療(手術・抗がん剤・放射線)からの脱却があげられます。日本は、国民皆保険で誰でも安価に医療機関を利用できて、世界で一番CTやMRIを保有していて、世界に誇る先進医療を行っているのにもかかわらず、医師の数がたりなくなるほど病人は増え続け、医療費も増え続けています。

このままでは日本の医療は立ち行かないことを、医療者も患者さんも受け入れて、変えていく時期ではないでしょうか。

そんな中、マインドパワーはこれからの時代、できるだけ病院に頼ることなく健康に生きるための心強いツールと言えます。また、最近ではパワーを手にする心ある医師の方々も増えてきましたが、医療のあり方さえも覆してしまうほどの力だと考えています。

マインドパワーは、人間本来が持っている潜在能力の一部であり、そのスイッチがオンになると誰でも相手の痛みがわかって取れるようになります。手のひらで相手の身体の負担をキャッチすることができ、その部位で手を止めエネルギーを送ることで、痛み、かゆみ、発熱、下痢などの諸症状を緩和、除去することができます。気功、レイキ、様々なエネルギーワークがありますが、マインドパワーの特記すべきは子どもからお年寄りまで誰もが簡単に使いこなせるということでしょう。

使い方はいたってシンプル。「痛み取れろ」「かゆみ取れろ」「身体軽くなれ」と意識をして、あとは無になって宇宙のエネルギーを相手へ送るだけです。特別な修行は必要なく、実践を重ねれば重ねるほどパワーアップしていきます。

病気を発症するまでには、身体の負担の積み重ね、或いは持続的なエネルギーの乱れが起こっており、生き方や考え方など心のあり方も大きく関わっています。こういった力は病気になってから慌てて持つのではなく、健康な時にこそ手にし、普段から身体の負担を取り、エネルギーの乱れを解消し未病を防ぎ、病気にならない心・身体づくりが大切だと考えます。

私は医師になって11年目にマインドパワーに出会いました。恥ずかしいことに、西洋医学が100%正しいと信じて疑いませんでしたし、自分は患者さんを治していると自負していました。それが、自分の手で患者さんを癒せるようになって、自分で難病や慢性疾患を克服している方々の存在を知り、あっという間にそれまでの常識・価値観は崩れ去ってしまいました。今振り返れば、医学部教育、西洋医学の現場の中である意味”洗脳”されていたようにも思います。

もちろん西洋医学の良い点も必要性も十分に理解はしていますが、かつての私のように西洋医学が全てになってしまうと命の根幹からずれてしまいます。木を見て森を見ずの状態です。生命の本質をとらえず、枝葉末節ばかりに対応してしまうから、今のようにどれだけ医学が進歩しても、病気はますます増え続ける一方なのではないでしょうか。

最近では統合医療のクリニックも増えてきており、私が住んでいる九州圏内だけでもこれだけ統合医療を実践なさっておられる先生がいるのだと驚いたほどです。漢方、鍼灸、気功、アロマテラピー、サプリメント、ビタミンCの点滴、免疫療法などクリニックによって様々な治療法が取り入れられているようです。

ただ、変えるべきはその人の意識であり、魂の生長なくして病気が真に癒えていかないことも事実です。その本質に目を向けることなく、代替医療をただの治療のツールとして用いれば、結局現代医学と同じような結末になってしまうのではないかと感じるのは私だけでしょうか。

「生命を知りたい」と言われた心あるお医者様がおられました。マインドパワーは、患者さんを癒し、自然治癒力を高めることはもちろん、その宇宙の力を使う中で、宇宙の真理に触れ生命の本質を経験を通して学んでいくものでもあります。心ある誠実なお医者様にこそ、このような力を持って、患者さんを癒していただきたいと思います。

ブログランキングに参加しています。

応援クリックをお願いします。励みになります!

書籍紹介

マインドパワーの真髄を学びたい人にはこの一冊

「生きて 愛して 笑って」(画像をクリック☟)

IMG_20150921_105618

全360ページ 1944円(税込)        
ジュンク堂、紀伊国屋など全国各地の書店で好評発売中
郵送をご希望の方はこちらから

お問い合わせはこちらから☟

   お問い合わせフォーム

太陽の丘クリニック公式ブログ☟

福岡市の郊外にある太陽の丘クリニックは、豊かな自然に囲まれた癒しのクリニック。必要な検査や投薬は行いながら、西洋医学をベースに患者さん本来が持つ自然治癒力を高める診療を目指しています。遠方から来られる患者さんのためにも土日・祝日も診療を行っています。http://taiyonooka-clinic.com/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする