人を救うのに理由なんてない

ブログ2

私は、医者になって10年間は西洋医学一辺倒できていました。恥ずかしい話西洋医学が100%だと思っていましたし、自分が患者さんを治している気になっていました。”代替医療”や”統合医療”という言葉もほとんど知らずに、西洋医学以外の治療法は無条件に『あやしい』と決めつけていました。

しかし、6年半前にマインドパワーを手にし、実際に患者さんに使う中でその効果を実感し、今度は自分が知った事実を曲げることができなくなりました。人から聞いた話だけならそこまででもなかったかもしれませんが、どうしても自分の手で起こす事実はなかったことにできませんでした。その当時総合病院の医長という立場ではあっても、目の前に苦しんでいる患者さんがおられれば手を出さずにはいられませんでした。パワーのことを伝えずにはいられませんでした。

自分の手で患者さんの痛みが取れることも感動的ではありますが、それぞれがパワーを手にされ、病気だけでなくご自身の人生を大きく変えていかれる姿は何よりも感動するものです。パワーの施術を受けるだけでなく、できることなら自分でパワーを持ってほしいと思うのは、医者として私ができることはごく限られているからです。目の前の患者さんの痛みは取れても、その先にあるご家族は私には守ることはできません。運命を変えてあげることも勿論できません。

16世紀のフランスで、外科学の創始者と言われるアンプロワーズ・パレ氏は、論文の中で「われ包帯し、神これを癒したまう」という名言を残しています。「病気や怪我が治るということは、患者に備わる自然治癒力であり、医者はその手伝いをするに過ぎない、治療の結果は神のみぞ知る」という意味です。結局、医者には病気は治せないのです。医者ができるのは、せいぜい患者さんに寄り添うことなのかもしれません。

私はマインドパワーを手にし、病気を乗り越え、愛する家族を守り、運命をも変えていく方々をたくさん見てきました。人を癒して癒されるという循環の中で、まるでもつれた糸がほどけていくように、健康・家庭・仕事、全てのことが整っていきます。それは、他でもない自分の意識が変わるからなのですが、マインドパワーは思考・言葉・行動のパターンを変える具体的かつ最強のツールだと思っています。

3年前にマインドパワーを手にした6、70代の男性。肝臓がんを患っており、抗がん剤の治療を受け副作用で全身が衰弱し、腹水がたまっている状態でした。それから3年が経った今では、がんはあるものの増大なく、血液検査のデータも改善し、抗がん剤治療は離れて、月1回近医に通い食生活に気をつけて生活をなさっておられます。元気になり体重も増えたと聞いてとても嬉しく思いました。

ある医学生の青年。幼少時から皮膚が弱く、大学に入ってアトピー性皮膚炎がひどくなり、西洋医学に対する不信感や自分の存在意義に対する疑問も相まって勉強に集中できなくなっていました。しかし、医学部6年生の夏にマインドパワーを手にし、施療に通う中で症状が改善。症状が消えていくにつれ、心の中に築きあげていたバリアがはずれ、いろいろなことが許せるようになり、勉強に集中できるようになりました。そして晴れて医師国家試験にも合格でき、現在は医師として活躍なさっています。

ある30代の女性。4年前に子宮体がんと診断され手術かホルモン治療しかないと言われ、西洋医学以外の治療法を模索している中で3年前にマインドパワーに出会いました。定期的にパワーの施療を受け、病院の検査を受けるとがんの所見は消えていました。家族(父、母、妹、祖母)もパワーを取得する中、父に対するわだかまりも解消し、家族が皆、仲良く元気になりました。そして、今日女性にお会いした際「今年の夏に90代の祖母がくも膜下出血で倒れてしまいましたが、すぐに家族でパワーを送り、ICU(救命救急病棟)に入院中に血圧が急上昇すればパワーを送ると目の前のモニターに表示される血圧が安定していき、自分の手で起こす奇跡を改めて実感しました。ICUは、ひっそりとしていて暗い雰囲気が漂う中、祖母の病室だけは限られた面会時間の中で親族が入れかわり、立ちかわり訪れ、笑いが絶えませんでした。2週間後に祖母は天に召されていきましたが、送る側も送られる側もお互いが何も思い残すことはありませんでした。祖母は死後硬直が一切全くなく、まるで仏様のような顔をしていました。」とお話をして下さいました。

例を示せばきりがありません。

私にあるのは知った事実を伝えたい、ただそれだけです。

そして思います。

人を救うのに理由なんてない。

これからも自分の知った事実と経験を皆さんにお伝えしていきます。

ブログランキングに参加しています。

応援クリックをお願いします。励みになります!

書籍紹介

マインドパワーの真髄を学びたい人にはこの一冊

「生きて 愛して 笑って」(画像をクリック☟)

IMG_20150921_105618

全360ページ 1944円(税込)        
ジュンク堂、紀伊国屋など全国各地の書店で好評発売中
郵送をご希望の方はこちらから

お問い合わせはこちらから☟

   お問い合わせフォーム

太陽の丘クリニック公式ブログ☟

福岡市の郊外にある太陽の丘クリニックは、豊かな自然に囲まれた癒しのクリニック。必要な検査や投薬は行いながら、西洋医学をベースに患者さん本来が持つ自然治癒力を高める診療を目指しています。遠方から来られる患者さんのためにも土日・祝日も診療を行っています。http://taiyonooka-clinic.com/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする