人間の意識が与える影響~飼い主が変わらなければペットは治らない

acorns-1678771_960_720


スタッフとして活躍しているNさん、マインドパワーを手にし、約10年になります。

パワーを持った頃、ある動物病院で勤務をしていました。

動物病院の院長先生もパワーを使うことができ、患者さんが訪れると

院長先生がペット(動物)にパワーの治療を行い

Nさんが、飼い主さんの痛みを取っていたそうです。



その中であることに気づいたそうです。

飼い主とペットが同じ病気や症状を持っていることが多々あることです。

例えば、ペットがヘルニアで苦しんでいると

飼い主も同じようにヘルニアを持っているといった具合です。

そして、どんなにペットの治療をしても

飼い主の意識が変わらなければ、ペットの病気も治らないことを実感したそうです。


病気は、その人が創り出したもの

本人の意識、生き方・考え方が治らなければ、治りません。

一旦治ったかのように見えてもまた再発をしてしまいます。

動物は、人間に比べずっと純粋意識を持っているので

飼い主である人間の意識をそのまま反映してしまいます。

どんなにペット(動物)の治療を一生懸命しても、

その飼い主である人間が変わらなければ意味がない…

その現実にぶつかり、動物病院の院長先生は

しばらく動物病院を閉じてしまったほどです。




同じことは、親と子供においても言えます。

ある皮膚疾患のお子さん

定期的にパワーの施術をしており、施術をすると症状は変化するものの

なかなかすっきりと治っていきません。

いつも自律神経にビリビリとした強い反応があります。


お母さんは、全く痛みがなくパワーの施術をする機会がなかったのですが

ある時、急に風邪をひいてしまい喉の痛みがありました。

「お母さんへの気づきのメッセージだ。」

と感じ、お母さんに施術を行いました。


お母さんも同じように自律神経にビリビリとした強い反応があります。

「何かストレスはありますか?」

と聞いても

「特にありません。」の返事。

そして、パワーの施術後、自覚症状を確認すると

「強く押すと痛いですが、さっきより痛みは楽になりました。」

と何の感動もなく、お答えになりました。


お子さんの症状は、お母さんへのメッセージです。

薬も使わずに痛みが取れたことに心から感動できる、

あるいは、自分や子供の内面を深く洞察・観察できるお母さんであれば

お子さんは皮膚疾患を発症することはなかっただろうと思います。

お子さんの病気を治すためには、親御さんの意識の変化がとても大切なのです。



植物も動物もすべてのものが、人間の意識の影響を受けています。

今の地球の状況も人間の意識が創り出したもの

その意識が愛の意識になれば、未来はもっと明るいものになるでしょう。

ブログランキングに参加しています。

応援クリックをお願いします。励みになります!

書籍紹介

マインドパワーの真髄を学びたい人にはこの一冊

「生きて 愛して 笑って」(画像をクリック☟)

IMG_20150921_105618

全360ページ 1944円(税込)        
ジュンク堂、紀伊国屋など全国各地の書店で好評発売中
郵送をご希望の方はこちらから

お問い合わせはこちらから☟

   お問い合わせフォーム

太陽の丘クリニック公式ブログ☟

福岡市の郊外にある太陽の丘クリニックは、豊かな自然に囲まれた癒しのクリニック。必要な検査や投薬は行いながら、西洋医学をベースに患者さん本来が持つ自然治癒力を高める診療を目指しています。遠方から来られる患者さんのためにも土日・祝日も診療を行っています。http://taiyonooka-clinic.com/


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする