エネルギー療法により数年ぶりに正座ができた!!

sak0036-024

マインドパワーは、誰もが持っている癒しの能力。そのスイッチがオンになると誰でも自由に人を癒せるようになります。特別な修行は要りません。といっても、大半の方は、自分がそのような力が使えるようになるとは思えないようです。

私も、マインドパワーに出会うまで、まさか自分が人を癒せるようになるなんて思ってもいませんでした。手をあてて病気を治すというのは、特別な人だけができること、あるいは物語の世界だと思っていました。

しかし、人間は本来癒しの能力を持っているのです。おそらく古代の人達は、そのような力を使ってお互いに癒していたのでしょう。それが、文明の進化に伴って、いつの間にか忘れ去られて、埋もれていってしまったのでしょう。

その癒しの能力を、今誰でもが使える時代になっています。私は、このことは、時代のニーズではないかと思っています。これからの時代を生き抜くための…。

それでは、今日はマインドパワーによる嬉しい実践報告です。

ある70代の女性。膝が悪く、数年間正座ができないとおっしゃいました。試しに、できるところまで膝を曲げていただきましたが、片足座りが精一杯で、両膝を床につけることができませんでした。

そこで頭の中で『正座できるようになれ!』と意識をして、椅子に腰かけた状態で、手のひらで頭から腰の下まで身体の反応をチェックをしていきます。自律神経、心臓など手のひらに反応を強く感じたところ(負担のかかっている臓器)で手をとめ、その反応がやわらかくなるまでエネルギーを送ります。10分ほどだったでしょうか。手のひらの反応が変化したので「変化しましたよ。それでは、正座をしてください。」と促したところ、「あれ、正座できそうです…」とまず両膝を揃えて座ることができ、お尻をおろしていって、なんと数年ぶりに正座ができたのです。

「それでは、立ち上がってください。」と言うと「普段は立てないんですよね…」と言いながら、「立てます。」と正座した状態からスムーズに立ち上がることができました。「久しぶりに正座ができました。」ととても喜んで帰っていかれました。

わずか15分ほどの診察室での出来事でした。

薬を使わずに、短い診察時間の中で、目の前の患者さんの痛みが取れ、患者さんが笑顔になられる姿に感動します。多くの医療従事者の方に、マインドパワーを活用して、目の前の患者さんの痛みを取り、苦痛を取り除いていただきたいと思っています。パワーを使って、患者さんを癒していくと、誰よりも自分の心が救われていることに気がつくでしょう。患者さんを癒して、医療者も癒される、愛ある医療を願っています。

ブログランキングに参加しています。

応援クリックをお願いします。励みになります!

書籍紹介

マインドパワーの真髄を学びたい人にはこの一冊

「生きて 愛して 笑って」 (画像をクリック☟)

IMG_20150921_105618                                                                                                全360ページ 1944円(税込)        
ジュンク堂、紀伊国屋など全国各地の書店で好評発売中
郵送をご希望の方はこちらから

電子書籍の販売が始まりました!

マインドパワーの真髄が書かれた『生きて 愛して 笑って』

パワーの極意が詰まった『KUNIKO METHOD 未来はあなたの手の中』

医学的な見地からパワーによる改善治癒30症例を掲載した『ふたりの女医の挑戦』

いずれも日本語版、英語版となって配信されています。

さらに『生きて 愛して 笑って』の映像・音声入りの書籍も予約受付となっています。

ご注文、ご予約はこちらから

 

お問い合わせはこちらから

   お問い合わせフォーム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする