2018年は行動しよう!!

IMG_20180104_114835ブログ

皆様は2018年、どんな年にしたいでしょうか?

今朝、車を運転しながらテレビの音だけ流していると、全盲の少年についてのエピソードが紹介されていました。現在小学2年生の少年は、両眼の癌(網膜芽細胞腫)のために2歳で両眼を摘出し、全盲になってしまいました。少年は音に興味を示すようになり、自宅の壁や床を叩いていたそうですが、3歳の頃ドラムに出会い、その後ドラムを習うようになりました。ドラムを始めたことで、できることのひとつひとつが希望に繋がったという少年、最後に「僕にとって見えることも見えないことも変わりはありません。将来は世界で活躍するドラマーになりたいです。見えない世界もいいものですよ。」といった内容に手紙が紹介され、心から感動しました。

ここまで来るには、ご本人やご家族のどれ程の葛藤があったことでしょう。それでも絶望を乗り越え、全盲であることをものともせずに、前向きに自分の夢に向かって真っ直ぐに進んでいる姿が尊いと思いました。背筋が伸びる思いがしました。

あなたは自分の夢に向かって進んでいますか?

できない理由ばかり見つけて、やりたいこと、或いはやるべきことを先延ばしにしてはいないでしょうか?「環境が悪い」「職場が悪い」自分の不甲斐なさを他人やまわりのせいにして、不平不満ばかり抱えていないでしょうか?

現在の境遇を創り出したのは他でもない自分。自分が変われば、良くも悪くも人生は変わっていきます。今の人生が、本来望んでいるものと違っているならば、望む人生を思い描き、その人生に向かって努力することだと思います。「できるかできないかじゃない、やるかやらないかだ」というのは良く聞く言葉です。人生はあっという間です。死ぬときになって「あの時やっていれば…」と後悔したとしても、もう遅いのです。やりたいことがあれば、躊躇せずにやってみるべきですし、やるべきことがあれば、先延ばしにしないで今やるべきだと思うのです。たとえ、今は自分の夢が見つからなくても、今この瞬間を懸命に生きていく中で、おのずと道は開かれていくでしょう。

約7年前、私はマインドパワーなるものに出会いました。医学的知識を持たない方々が、パワーという癒しの力を使い、お互いを癒し、病気を治している現実。しかも、誰でもその能力を持っていると言います。「自分がこれまで必死で勉強してきたのは何だったんだ…。このままでは医者が要らなくなってしまうのではないか…」そんなことが頭をよぎりましたが、直感に従い「もし違っていれば、手放せばよい」という思いもあり、すぐにパワーを手にしました。実際に患者さんに使っていく中で、沢山の奇跡とも言える変化が起き、これからの医療に必要な力だと思うようになりました。そして、日々実践を積む中で、パワーというのはただの病気治しの手段ではなく、運命を切り開く強力なツールであり、自分を知る鍵であったのだと知るにいたりました。今や「手放せばよい」なんてもってのほかで、パワーなしでは生きていけないほど、必要不可欠なものになりました。『痛みがあったら取ればいい、病気になったら治せばいい』価値観も人生観も180度変わってしまいました。7年前に違う選択をしていたら、私の魂は救われることなく、全く別の人生が待っていました。行動してみたからこそ、手に入れることができた人生です。

自らは何ひとつ行動を起こすことなく、遠巻きに見ていたって人生は全く変わりません。経験こそすべて…何事も経験であり、経験するからこそ人は生長できるのです。

2018年は、行動する年にしたいですね。

ブログランキングに参加しています。

応援クリックをお願いします。励みになります!

書籍紹介

マインドパワーの真髄を学びたい人にはこの一冊

「生きて 愛して 笑って」(画像をクリック☟)

IMG_20150921_105618

全360ページ 1944円(税込)        
ジュンク堂、紀伊国屋など全国各地の書店で好評発売中
郵送をご希望の方はこちらから

お問い合わせはこちらから☟

   お問い合わせフォーム

太陽の丘クリニック公式ブログ☟

福岡市の郊外にある太陽の丘クリニックは、豊かな自然に囲まれた癒しのクリニック。必要な検査や投薬は行いながら、西洋医学をベースに患者さん本来が持つ自然治癒力を高める診療を目指しています。遠方から来られる患者さんのためにも土日・祝日も診療を行っています。http://taiyonooka-clinic.com/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする