十人十色、百人百様、それぞれ違うから面白い

autumn-2874547_960_720

クリニックには、多くの患者さんが訪れます。誰一人同じ人はおらず、本当にいろんな方がおられます。

クリニックに入ってきてお帰りになるまで、問診表の書き方、診察室までの足音、診察中の受け答えなどなど、一挙手一投足すべてにその方の性格があらわれています。そして、病気が治るかどうかは、病気の種類によらず、患者さんの性格によることを日々痛感しています。

ある患者さん。長年続く皮膚症状を主訴に受診をされ、漢方を処方して2週間後再診をされました。私はあまり変化を感じず「効果なかったかな…」と一瞬思ったのですが、「どうですか?」とお聞きすると「何だかよいように感じます。」と笑顔でおっしゃいました。小さな変化を見逃さず、感謝できる姿に「これはよくなる」と確信しました。その2週間後に再び訪れた際には、明らかに症状が改善していらっしゃいました。

一方、ある高血圧の患者さん。アドバイスをさし上げても生活習慣を一切改めることなく、1日40本も煙草を吸いながら「血圧が一向に下がらない。ガラッと薬を変えてほしい」と診察室に入ってくるなり、高圧的な態度でおっしゃいました。こういった方は、根本から治すのは難しく、薬でコントロールしていくほかないでしょう。

病気は、ご自身が創り出したもの。病気を完治させるには、病気になった根本原因を改善しなければならず、その根本原因は、その人自身の生き方や考え方にあると思います。それらを変えない限り、病が改善されることはとても難しいでしょう。生活習慣病などは特にそうで、たたえ病気が良くなったとしても、その人の生活習慣を変えない限り、また、その病気は再発します。

クリニックに訪れる患者さんには、きちんとご自身の身体と向き合われる方と、そうでない方がおられます。生活習慣や内面を変える努力をなさっている方は、必ずといって良いほど快方へ向かっていきます。一方、何一つ変えようとしない方は、薬がなくなると症状が出るの繰り返しです。

病院に通うことに価値を持って定期的に受診をして下さる方、コンビニ感覚で薬だけもらえればよいという気持ちがありありと現れている方…それぞれ考え方や価値観が違うので、無理やり押しつけるものではないのですが、病気や症状は身体や心からのメッセージ、そのメッセージを無視せずに耳を傾け、自分の身体と向き合ってほしいと思うものです。

私は、患者さんやご縁のある方には誠実でありたいと思っています。真っ直ぐに向き合って、伝えるべきことを伝える、そのうえでどう受け止めて、何を選択するかはそれぞれの自由であり、善し悪しの問題ではないと思っています。

十人十色、百人百様、人それぞれ違って

いろいろな人生があるからこそ面白いのではないでしょうか。

ブログランキングに参加しています。

応援クリックをお願いします。励みになります!

書籍紹介

マインドパワーの真髄を学びたい人にはこの一冊

「生きて 愛して 笑って」(画像をクリック☟)

IMG_20150921_105618

全360ページ 1944円(税込)        
ジュンク堂、紀伊国屋など全国各地の書店で好評発売中
郵送をご希望の方はこちらから

お問い合わせはこちらから☟

   お問い合わせフォーム

太陽の丘クリニック公式ブログ☟

福岡市の郊外にある太陽の丘クリニックは、豊かな自然に囲まれた癒しのクリニック。必要な検査や投薬は行いながら、西洋医学をベースに患者さん本来が持つ自然治癒力を高める診療を目指しています。遠方から来られる患者さんのためにも土日・祝日も診療を行っています。http://taiyonooka-clinic.com/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする