エネルギー療法による睡眠時無呼吸症候群の克服!

suimin_ibiki

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome : SAS)は、眠っている間に呼吸が止まる病気です。無呼吸状態とは、呼吸が10秒以上止まっていることを指し、この状態が7時間に30回以上、あるいは1時間あたり5回以上あるとSASと診断されます。

睡眠障害により日中の過剰な眠気を引き起こし、高血圧、虚血性心疾患、脳血管障害などの身体合併症を効率に引き起こすほか、うつ病認知症との関連性も報告されています。呼吸が止まると、脳が呼吸をさせようと命令を出すため、しっかり眠っているつもりでも、深い睡眠を得ることができず、眠りが中断され、質の良い睡眠を得られません。治療法は、CPAP(シーパップ)という鼻に装着したマスクから空気を送ることで一定の圧力を気道にかけ、呼吸を確保するものです。

現代病とも言われる睡眠時無呼吸症候群(SAS)。生活環境の変化、特に食生活の欧米化に伴い肥満も増え、日本でも治療が必要な重症患者さんは300万人以上にのぼるとされています。その一方でCPAPによる治療を受けている患者さんは20数万人程度しか満たないそうです。

私の友人もSASがあり、夜間はCPAPをつけて寝ていました。CPAPを装着していないといびきがうるさく、CPAPも機械音がするため、一緒に眠る家族も気になって充分眠れないといった話を聞きました。そして、友人は、質の良い睡眠が得られないせいで日中疲れやすく、頭が思うように回転せず、「もっとよく眠れれば、どんなに効率よく働けるだろう。」とこぼしていたことを覚えています。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)であっても、CPAPや手術に頼らなくても改善・治癒している方がおられます。今日は、マインドパワー(ハンドヒーリング)によるSASの克服例のご紹介です。

症例:70代 男性

57歳頃、朝起きた時の頭痛、口の渇きがあり、昼間の車の運転や、読書、事務作業の際の眠気、疲れ、体重増加がみられるようになりました。病院で精密検査の結果、1時間あたりに31回もの無呼吸がみられ、睡眠時無呼吸症候群と診断されました。主治医からは「重症の無呼吸症で、あなたの場合は治療をしておかないと、いつ成人病を発症してもおかしくない状況です。CPAP(シーパップ)を装着していないと命にかかわります。この病気は完治はありませんので、装着を続けてください。」と説明を受けました。

その後7年間、CPAPを装着して就寝しないと睡眠が取れない状況でした。しかし、CPAPを装着していても、年々体重が増え、血圧が上昇(98~140mmHg)し、気がかりでした。

平成22年初めてマインドパワーの施療を受けた時、呼吸がとても楽になり、同年の8月に自身もパワーを取得しました。最初は週1回の施療を受け、2ヵ月目からは月1回程度の施療頻度になりました。施療を開始して間もなく、CPAPが邪魔で逆に睡眠が取れなくなり、病院にCPAPを変換しました。主治医からは、なかなかCPAPを受け取ってもらえず、押し問答を繰り返した結果、ついに主治医がおれ「治療中止」のハンコがカルテに押されました。

3年が経過する頃には、68kgあった体重58~59kgに戻り、血圧が70~120mmHgと変わらず安定しています。何の違和感もなく、楽な睡眠が取れるようになりました。

本人のコメントです。「パワーに出会う前は、睡眠時の自分の呼吸が浅い感じだったが、現在では深い呼吸ができていて寝起きもすっきりしています。体質が変化して若返ったように思います。」

 

 

ブログランキングに参加しています。

応援クリックをお願いします。励みになります!

書籍紹介

マインドパワーの真髄を学びたい人にはこの一冊

「生きて 愛して 笑って」 (画像をクリック☟)

IMG_20150921_105618                                                                                                全360ページ 1944円(税込)        
ジュンク堂、紀伊国屋など全国各地の書店で好評発売中
郵送をご希望の方はこちらから

電子書籍の販売が始まりました!

マインドパワーの真髄が書かれた『生きて 愛して 笑って』

パワーの極意が詰まった『KUNIKO METHOD 未来はあなたの手の中』

医学的な見地からパワーによる改善治癒30症例を掲載した『ふたりの女医の挑戦』

いずれも日本語版、英語版となって配信されています。

さらに『生きて 愛して 笑って』の映像・音声入りの書籍も予約受付となっています。

ご注文、ご予約はこちらから

 

お問い合わせはこちらから

   お問い合わせフォーム

太陽の丘クリニック公式ブログ☟

   http://taiyonooka-clinic.com/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする