エネルギー療法によるシェーグレン症候群・視神経脊髄炎の改善

han0270-044

今日は、マインドパワー(ハンドヒーリング)によって二つの難病が改善しているお話です。ある50代の女性、7年前にシェーグレン症候群と診断されました。シェーグレン症候群とは、自己免疫疾患の一つで、目や口腔の乾燥症状や、他の粘膜症状、多臓器に障害が及ぶと関節痛、発熱、間質性肺炎など多彩な症状をきたします。リウマチや全身性エリテマトーデスなどの膠原病を合併することが多く、血管炎、橋本病(甲状腺疾患)、悪性リンパ腫、原発性胆汁性肝硬変などを合併することもあります。有効な治療法は確立されておらず、人工唾液や点眼薬など対症療法が中心です。

女性は、さらに7年前に右半身不随になり、ステロイドパルスを行い回復、3年前にようやく視神経脊髄炎と診断されました。視神経脊髄炎(NMO)とは、以前は多発性硬化症(MS)と診断されていましたが、NMOだけに見られる抗体が発見され、MSと区別されるようになりました。MMOは、視神経炎(視力障害)や脊髄炎をきたし、脊髄炎は体の一部分の感覚障害(しびれ、痛み、感覚低下)として認めることが多く、高度の場合には運動麻痺や排尿障害などもみられることがあります。ステロイドの治療が一般的ですが、多くは再発・寛解を繰り返し、慢性に経過します。

シェーグレン症候群も視神経脊髄炎も、国の特定疾患(難病)にも指定されています。

女性がマインドパワーに出会ったのは、昨年の11月。それまでに3度のステロイドパルス療法を行い、当時はステロイドを内服していました。何とか薬に頼らない治療法がないものかと、あるアロマの勉強会に参加したところ、偶然隣に座っていた医師がマインドパワーのことを教えてくれました。(30年以上もの臨床経験を積むその医師は、患者さんを治すための治療法を模索し、女性より少し前にマインドパワーを手にしていました。)

実際にマインドパワーの治療を受け、腕のしびれが取れたり、風邪の症状が楽になったりと、その効果を体感した女性は、翌月にマインドパワーを取得しました。

それから5ヵ月が経ち…、今日女性から直接お話しを聞くことができました。昨年12月からステロイドの内服を中止しても、視神経脊髄炎の再発はなく、目や口腔の乾燥にも変化が出てきたそうです。

以前は、口が乾燥し、舌が前に出ずスムーズに会話ができなかったり、サンドイッチを食べると上あごにペタッと張り付いてしまうため、食べることを避けていました。それが今では、唾液が出るようになり、サンドイッチを普通に食べることができ、話しやすくなりました。口が乾くため、乾燥を補うために常にペットボトルが離せなかったのが、ペットボトルがなくても不安がなくなりました。

そして、「以前は目が乾燥し、涙がでなかったのですが、パワーを持った仲間の体験談を聞いていると、感動して泣いているのか、目が潤っていることに気づきました。」と話してくださいました。涙が出るようになったのです!

さらに、女性は3月の初旬に転倒して胸椎を骨折してしまい、1カ月間入院をしました。骨折した日以外は、痛みがなく、主治医の先生から毎日のように「痛くないですか?」と聞かれるのが不思議だったそうです。ただ、下肢が拘縮してしまい、退院後は思うように歩けず、階段がうまくのぼれなかったのですが、4日間のパワーの集中施療を受けたところ、スムーズに歩けるようになりました。「(集中施療の)前は体操座りから起き上がることが難しかったのですよ。」と実際に、目の前で体操座りをして、立ち上がって見せてくださいました。

実は、女性は10年前に一度マインドパワーに出会っていたのですが、その時は治療を受けてもピンとこず、取得にはいたらなかったそうです。それが、10年ぶりに心ある医師の口をかりて、再びパワーに出会いました。そして、今の奇跡ともいえる変化に繋がっています。もし、女性が10年前にパワーを手にしていたら、シェーグレンにも視神経脊髄炎にもならずにすんでいたかもしれません。それでも、女性の準備ができるまでには10年の年月が必要だったのでしょう。

「今日92歳のおばあちゃんが、パワーを手にしてこれからの人生人のためになりたいとお話をしているのを聞いて、私はこれまで自分のことだけしか考えていなかったと反省しました。これからの人生は人のお役に立ちたいと思います。」と饒舌に語ってくださった女性。半年前とは明らかに顔が柔らかくなり、心からの笑顔が出るようになりました。それも、自分の身体に変化が起こるからこそ、そして沢山の仲間がいるからです。

このように病気は回復し、心が変わり、人生が変わっていくのだと、とても感動し、私まで温かい気持ちになりました。

「生きて 愛して 笑って」 第3章 真理の目覚めより 一部抜粋

常々、マインドパワーとは、究極的には創造主の愛そのものだと考えている私は、だからこそその力を使えば使うほど私たちは創造主の愛に充たされ、また愛されていることを知ることになります。その中で少しずつ不安感や孤独感が消えていき、その人の人生観や価値観などが、ごく自然に変化をしていくようです。生き方や考え方を変えた人たちは、皆別人のようになって、以前よりも遥かに豊かな人生を送り始めた人の数は、枚挙にいとまがありません。もちろん、この私もそうであったように…。

(途中略)

私たちのもとを訪れる人たちの、あらゆる病はなぜに改善されていくのか、そのメカニズムがやっと解ったような気がしました。そのメカニズムとは、実に単純なものでした。自らの間違いを素直に認め、素直に正すことができる人の病は、本当にスピーディに改善されていきました。私たちが素直に感動・感謝するためには、先ずは私たちの性格を変えなければなりません。或いは生き方や考え方を変えるためには、思考パターンを変えていく必要があります。

そして、思考・言葉・行動のパターンが変われば、運命は必ず良くも悪くも変わることになります。私たちは、誰に対してでも先ずは身体の痛みを取ることから始めてみます。痛みが取れて身体が軽くなれば誰でもが、自然と感謝の気持ちが湧いてくるのではないでしょうか。感動・感謝は誰の心をも優しくさせ、且つ、素直にさせるものです。

誰かのためにパワーを使えば使うほど、その度ごとに出会う笑顔に私たちの心が暖かくなっていくのはなぜでしょうか。つまり、パワーとは使えば使うほど、私たちは優しくなることしかできません。優しい心は肉体を包含し、痛みを緩和させ、病を癒します。

事はそれほどに簡単であり、実にシンプルなものでした。しかし、『言うは易し、行うは難し』です。真実とは実に明解であり、真理とは常にシンプルなものでした。単純なものの中にほど、真実があることを発見します。

マインドパワーの施術は、何度でも試してみて欲しいと思います。その都度体が軽くなることを体感したなら、先ずは理屈は後回しにして、体を良くすることに専念してもらいたいと思います。マインドパワーが起こすアンビリーバボーな現象は、頭で理解するのではなく、ハートで受け止め、心で感じてほしいと思います。結果、見事に病が改善された暁には、また、少しでも感謝の気持ちが湧いたなら、パワーの源に思いを馳せ、謙虚さというものを学んでいってほしいと思います。

ブログランキングに参加しています。

応援クリックをお願いします。励みになります!

書籍紹介

マインドパワーの真髄を学びたい人にはこの一冊

「生きて 愛して 笑って」 (画像をクリック☟)

IMG_20150921_105618                                                                                                全360ページ 1944円(税込)        
ジュンク堂、紀伊国屋など全国各地の書店で好評発売中
郵送をご希望の方はこちらから

電子書籍の販売が始まりました!

マインドパワーの真髄が書かれた『生きて 愛して 笑って』

パワーの極意が詰まった『KUNIKO METHOD 未来はあなたの手の中』

医学的な見地からパワーによる改善治癒30症例を掲載した『ふたりの女医の挑戦』

いずれも日本語版、英語版となって配信されています。

さらに『生きて 愛して 笑って』の映像・音声入りの書籍も予約受付となっています。

ご注文、ご予約はこちらから

 

お問い合わせはこちらから

   お問い合わせフォーム

太陽の丘クリニック公式ブログ☟

   http://taiyonooka-clinic.com/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする