エネルギー療法による強皮症の克服

ume0019-049l

強皮症は皮膚が硬くなってしまう病気で、国の難病に指定されています。本疾患は、自己免疫疾患のひとつです。自己免疫疾患は、自分の体を異物と認識してしまい、自分自身の正常な細胞や組織に対する抗体を作り出してしまうために引き起こされる病気です。現代医学では、根治的な治療法は確立されておらず、対症療法となります。原因はまだ解明されていません。

それでは、今日は、マインドパワー(エネルギー療法)により強皮症を克服した女性のお話です。

症例:63歳 女性

2000年12月(49歳)、レイノー症状(寒冷刺激で手指が蒼白~紫色になる症状)が出現、手指のひどい痛み、体の冷感を自覚、強皮症と診断されました。2001年2月、両手の中指の皮膚が炎症を起こし、できた傷が深くえぐれ潰瘍となり、翌月にはそれが悪化したため、某総合病院に3月から1ヵ月程度入院しました。

退院後は、処方された血行改善薬三種類のほかに、自主的にアメリカより四種類のサプリメントを取り寄せて飲み始めました。

2001年9月からマインドパワーの施療を受け始めて体調は良くなり、2002年4月には全ての薬、サプリメントを中止しました。

2002年から2012年まで、強皮症の難病指定の申請をしていましたが、日々の生活にも困らないので必要ないと自ら判断し、特定疾患の申請を中止しました。

コメント

本症例では、血液検査により抗核抗体、抗RNP抗体、抗セントロメア抗体が陽性でした。レイノー症状は、強皮症の初発症状として80%以上でみられます。本症例では、当初はレイノー症状がもとに戻るのに10~15分かかっていましたが、マインドパワーを取得してからは、2~3分でもとに戻るようになりました。

血流改善のための内服薬が一切不要となり、一年中手袋の着用のみで、潰瘍を形成したり生活に支障をしたりすることもなくなりました。

マインドパワーによる施療の前後で、血液検査の結果を比較すると、抗核抗体は変化がありませんが、強皮症に関連しているとされる抗セントロメア抗体と抗RNP抗体は低下しています。この結果は、抗核抗体が陽性であっても、つまり自己免疫疾患になりやすい体質は持っていても、マインドパワーにより自己の自然治癒力が高まり、その治癒力により症状が抑えられていると考えます。

さらにマインドパワーで強皮症の患者さんの臓器の反応をみると、心臓や腎臓に反応があることも少なくありません。西洋医学では強皮症の治療には血流改善薬の内服や点滴を用いたり、マッサージや保温を指導しますが、マインドパワーで心臓や腎臓にエネルギーを送ることで血流が改善することも症状の緩和に繋がると考えます。

本人は「マインドパワーに出会い、体調がよくなり、指先があたたかくなり、仕事にも行けるようになりました。長年病気とつき合ってきた中で、これほどまでに症状がよくなり、自信がつき、もう大丈夫と思えるようになったので、自分から特定疾患の申請を中止しました。病気に対して、楽観的になり、前向きになりました。ひとつのことに対して突き詰めて考えること、マイナス思考で自ら心配事をつくっていたことが病気につながったのではないかと考えます。」と話されました。

マインドパワーの治療により症状が変化することで、本人の意識が変わっていくことも、病気治しにとてもよい影響を与えているのではないでしょうか。

ブログランキングに参加しています。

応援クリックをお願いします。励みになります!

書籍紹介

マインドパワーの真髄を学びたい人にはこの一冊

「生きて 愛して 笑って」 (画像をクリック☟)

IMG_20150921_105618                                                                                                全360ページ 1944円(税込)        
ジュンク堂、紀伊国屋など全国各地の書店で好評発売中
郵送をご希望の方はこちらから

電子書籍の販売が始まりました!

マインドパワーの真髄が書かれた『生きて 愛して 笑って』

パワーの極意が詰まった『KUNIKO METHOD 未来はあなたの手の中』

医学的な見地からパワーによる改善治癒30症例を掲載した『ふたりの女医の挑戦』

いずれも日本語版、英語版となって配信されています。

さらに『生きて 愛して 笑って』の映像・音声入りの書籍も予約受付となっています。

ご注文、ご予約はこちらから

 

お問い合わせはこちらから

   お問い合わせフォーム

太陽の丘クリニック公式ブログ☟

   http://taiyonooka-clinic.com/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする