ハンドヒーリングによる酒さ様皮膚炎の改善!

kht0051-066

マインドパワー(ハンドヒーリング)は、病を克服し健康を取り戻したい方はもちろん

医師や看護師、薬剤師、整体師などの医療従事者の方々、

カウンセラーやセラピストの方などの人を癒す仕事をされている方々にも

知っていただきたい力です。

薬も使わずに熱や痒みといった患者さんの諸症状を取ってさしあげることができ

その方の負担のかかっている臓器を瞬時に判断でき

患者さんが病気になっている原因や背景を感じることができるようになるため

診療にあたるうえで、とても役立ち、診療の幅が広がるからです。

私自身、以前は、皮膚という狭い窓口から患者さんを診て、

薬によって、皮膚症状を抑える治療をしていましたが

マインドパワー(ハンドヒーリング)を学び、日々の診療に生かす中で

患者さんの体を全体として捉えることができるようになり

以前よりも、患者さんの心や背景に目を向けることができるようになりました。

現在は、西洋医学をベースに診療を行っていますが、ハンドヒーリングを併用することで

西洋医療単独で治療をするより、治療効果が高いことを実感しています。

ハンドヒーリングによる改善症例

実際にマインドパワー西洋医学を併用し、患者さんがとてもよくなっている事例をご紹介します。 

ある60代の女性、3年前から顔面に皮膚症状がでるようになり、ステロイドの外用を行うも治らないために受診をされました。臨床像から、酒さ様皮膚炎と診断しました。簡単に言うと、ステロイド外用による副作用です。

酒さ様皮膚炎とは、素因のある人で、顔面に副腎皮質ステロイド薬を塗った場合に副作用として生じる、酒さに似た病態をいいます。副腎皮質ステロイド薬を塗った部位に、毛細血管の拡張、丘疹、膿疱が現れます。 同薬を塗るのをやめると、数日後に紅斑と浮腫性の腫脹が生じます。

治療には、ステロイドではないタクロリムス軟膏と漢方薬を処方しました。(タクロリムス軟膏でも酒さ様皮膚炎をきたすこともあるので注意が必要です。)ハンドヒーリングの治療について説明したところ、患者さんの希望があり、週1回、診察の中でハンドヒーリングの施術を行いました。

初めての診察の際

・皮膚症状は必ずよくなること

・皮膚の病気は皮膚だけの問題ではなくて、体全体の負担やストレスなど心の在り方も関わっておりご自身が持っている自然治癒力が高まれば、薬に頼らなくても自然に治っていくこと

・人生を楽しんでいただくこと、生きがいを持つこと

をお話ししました。

施術中は

・体が温かくなった

・肩が軽くなった

・エネルギーが入っていく感じがする

といった感想がありました。

初診から10日後には「顔がすごくよくなってきました。」と笑顔で話をされました。タクロリムス軟膏の外用も1日1回からはじめて、症状のある時のみの外用で済むようになりました。今ではほとんど使用していません。

これまでたくさんの酒さ様皮膚炎の患者さんを診てきましたが、たいてい早くても1~2か月、たいてい数か月以上治療を要していましたので、これほど早い治りに驚きました。

これほど短い間で症状が改善したのには、この女性がとてもシンプルで、小さな変化に感動できる性格でもあったからです。彼女は、施術の度に「軽くなりました~!」と笑顔で喜ばれます。そして、診療を重ねる中で

・自分の考え方が間違っていたこと

・見えないけれど、この世の中には素晴らしい力があること

・自分よりも、もっと大変な病気で苦しんでいらっしゃる方もたくさんいる

という気づきがあり、彼女の意識が変わったからです。

クリニックにも酒さや酒さ様皮膚炎の患者さんが多く受診をされます。人によって治るスピードは様々で、その治り方にはご本人の性格が大きく関わっていることを実感しています。これらの皮膚疾患は、たいてい3、40台を過ぎて現れます。それまでの食生活や生活習慣の積み重ねの結果であり、身体の負担のサインでもあり、生き方・考え方によるものでもあります。すべての病と同じように、これまでの生き方を見直し、より充実した人生を送るためのメッセージなのです。

残念ながら治癒へ導けなかったケースもあります。ご家族に対するイライラが関わっていた方。視点を変えていただきたいと、様々な角度からお話ししましたが、「分かってはいるけれど、自分が変わるのがしゃく。」とおっしゃられました。一時的に随分と症状は落ち着いたものの、出たり引いたりを繰り返し、途中で受診をされなくなりました。また、症状ばかりに目が向き、ぐるぐる同じところを行ったり来たりで、思考と行動パターンが変わらない方も、思うように改善していきません。

病気を治すのは、ご自身の自然治癒力であり、皆様が思っている以上に心の在り方というのは、病気の治り方を左右するのです。

よくなれば何だっていいじゃないか!

統合医療学会で、ある著名な先生が「治れば何だっていいじゃないか!」とおっしゃいました。代替医療には、ハンドヒーリングのようなエネルギー療法の他、サプリメント、整体、鍼灸、カイロプラクティック、アロマ…様々な治療法があります。西洋医学が合う方もいるでしょう。どの治療法が合うかは、患者さん次第であり、何だってよいと思います。ただ、最初から効かないと決めつけるのではなく、良いと思うものは何でも取り入れて、自分自身で取捨選択していただきたいものです。

そして、『患者さんを元気にするためには何だっていいじゃないか!』と思います。

ハンドヒーリングを多くの医療従事者の方々に使っていただきたいのは、使ってみれば感動するほどの結果が出せるからです。使えば使うほど、実践力がついて、安心して使うことができます。効果が確かなものであるので、心あるドクターの方々が、日々の診療で地道に使われることで、自然と広まっていくでしょう。

患者さんを自分の手で癒せることが何よりの喜びです。


ブログランキングに参加しています。                          応援クリックをお願いします。励みになります!

太陽の丘クリニック公式ブログ☟

http://taiyonooka-clinic.com/

お問い合わせはこちらから

   お問い合わせフォーム

書籍紹介

マインドパワーの真髄を学びたい人にはこの一冊                         「生きて 愛して 笑って」 (画像をクリック☟)

IMG_20150921_105618                                                                                                全360ページ 1944円(税込)                                          ジュンク堂、紀伊国屋など全国各地の書店で好評発売中                 郵送をご希望の方はこちらから

 


 




治れば、西洋医学だって東洋医学だって

マインドパワーだって何だっていいじゃないか!

患者さんが笑顔で元気になるために、

これからも精一杯、患者さんと向き合っていこうと心から思います。



【書籍紹介】
マインドパワー創始者 野中邦子先生 自叙伝 『生きて 愛して 笑って』


全360ページ 1944円(税込)   

                    全国120店舗の書店で好評発売中!!

                    郵送希望の方はdrsmallbomb@gmail.com まで



 





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    リアルの世界では絶対に人に声なんかかけられない私ですが、コメントさせてください。絶妙な言葉のチョイスがとっていいブログだと思いました。私のブログを見ていただけると、ニートの実態がわかります。

  2. ふみ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    新着記事検索していたら記事探していたら着いちゃいました(・∀・)こうやって遠くにいる方ともコミニケーションできるのってなんか素敵ですよね(*´艸`*)ただの専業主婦ですが仲良くしてくださいね!失礼致します!

  3. SECRET: 0
    PASS:
    アメブロサーフィンをしていたらこの記事を見つけました。とても参考になります(^^)是非、お互いに情報交換できたら嬉しいです。よかったら私のブログも覗いてみてください♪ お互いにブログ頑張りましょう♪