「私」を放つとき、癒す力が出てくる

『ガンをつくる心、治す心』の著書であり外科医、医学博士である土橋重隆先生、多くのガン患者さんの治療を通し、ガン発症の原因を探ってきた土橋先生は、あるインタビュー記事の中で「心のあり方がガンの原因であるばかりでなく、予防や治癒においても深く関係している。」と述べています。

では、どんな心がガンの原因となり、どんな心がガンを治すのでしょう…。

(インタビュー記事「癒す力を発揮する」より抜粋・要約)

「私」を放つとき、癒す力が出てくる

進行ガンが治った人たちの共通点は何かというと、病気とは対峙せず、

生きようとしたことであり、何か自主的にそれまでの自分を変えた人たちです。

医者が治らないと判断した進行ガンが治ってしまうケースがたくさんあります。

そうした奇跡とも言える治癒例は、病院のなかでは皆無といっていいほど

起きないんです。

患者さんはたまたま運が悪かったからガンになったと思ってしまいますが、

そこには特定のストレスという原因があります。

原因があるということは、その原因を取り除けばガンは治るということです。


何が(ガンになる)原因だったのかを自分で拾ってこなければだめなんですね。さらには

「ガンの原因となっている心理的ストレスから離れる」

ことです。

これまで過ごしてきた人生のレールとはまったく別のレールに乗り換えてみる

ことも有効です。

もっと極端に言えば、それまでの自分とは別人になることです。

どうすればいいかというと、人生の優先順位の第一に置いている、

自分が一番大事にしているものを取り替えることです。

一番目を変えないとフルモデルチェンジにはならないんです。

(以上抜粋)

病気治しには、自己変革が不可欠です。特に、がんの場合は、土橋先生が言われるように、別人になるほどの変化が必要だと感じています。といっても、誰でも簡単に別人になれるでしょうか?

私は、マインドパワーに出会い、生き方・考え方を変え、ガンを奇跡的に克服・改善された方々をたくさん見てきました。これからご紹介するのは、末期がんと診断されたある患者さんのエピソードです。

末期がんと診断された60代の男性、初めてお会いした時は、眉間に皺を寄せて難しい顔をしていらっしゃいました。 初めてパワーの施術を受けた際、パワーの創始者野中先生の「一流の人は、怖くありませんよ。」の言葉に「妻がいつも難しい顔をしていました。そんな妻に対し私はいつも怒っていたけれど、妻の顔は自分の顔だったんですね。」と声を詰まらせてていらっしゃったことが印象的でした。

男性は、マインドパワーを手にし、パワーの施術を定期的に継続しました。当初は、ガンによる痛みが強く、痛みどめを1日3回飲んでも足りないほどでした。当然ですが、なかなかに病気から意識を外すことができず、気付けば、難しい顔に戻っている男性。そんな彼に転機が訪れました。それは、1日1回毎朝妻に「愛しているよ。」と伝え始めたこと…。

奥様の反応はというと

1日目、2日目、3日目、4日目~8日目…無言

9日目、「はい」の返事

そして10日目、ついに「私もよ」の返事が返ってきました。

その日を境に夫婦の関係が変わっていきました。会話が増え、お互いを思い合い、行動するようになりました。それと同時に男性のがんの痛みが軽くなってきたのです。男性の顔からも笑顔が溢れるようになりました。さらに、マインドパワーを使い、どんどん人を癒す中で痛みどめが要らないほどに、痛みが消えていきました。いつも腕を組み、眉間に皺をよせ、難しい顔をしていた男性。人を寄せ付けない雰囲気がありましたが、次第に温和な顔になり、笑い声や冗談が溢れるようになりました。

「何が変わりましたか?」の質問に

「一つの出来事を引きずらずに切り替えが早くできるようになりました。以前は、頭でばかり考えて、一つ一つの言葉を『あーだこーだ』と分析していました。今はパワーを実践することにより、頭で知識としてわかっていたことが、経験を通して腑に落ちるようになりました。実践回数が増え、実践力がつくとともに、確信がつきました。確信がつくとともに不安も消えていきました。」

マインドパワーは、思考・言葉・行動のパターンを変えるための強力なツールです。つまり土橋先生が言われるところのそれまでの自分とは別人になるためのツールなんです。

ある日突然、人の痛みが取れるようになる、熱が下げられるようになる、遠隔で遠くに暮らす家族の痛みが取れる、思い通りの野菜や植物を育てることができる…その非常識な力をどんどん使っていくと自然と生き方も価値観も変わっていくのです。生き方や価値観が良い方向へ変われば、病も運命も間違いなく、よい方向へ進んでいきます。

あなたの未来は、あなた次第なのです。

「生きて 愛して 笑って」第三章 真理の目覚め より一部抜粋

私はこのマインドパワーによって、医師でも宗教でも癒すことのできなかった自分自身の病を克服することができました。そこで得た教訓は、心は肉体を包含するという事実でした。つまりは、日々の心のあり方がいかに重要、且つ大切であるかを学んだのです。さらに言うなら、心のあり方とは、たとえ聞きなれた言葉ではあっても、生かされていることへの喜びとか、日々何ごとにも感謝の心を持って過ごすことの大切さでもありました。

現に、病に苦しむ人と多く接すれば接するほど、病は気からという言葉の真実がはっきりと見えてきます。このパワーによって生き方・考え方、価値観さえも変えたなら、心が肉体を包含するという真実において、ありとあらゆる病が治癒していくことへのメカニズムも、次第に理解できるようになってきました。…

私たちのもとを訪れる人たちの、あらゆる病はなぜに改善されていくのか、そのメカニズムがやっと解ったような気がしました。そのメカニズムとは、実に単純なものでした。自らの間違いを素直に認め、素直に正すことができる人の病は、本当にスピーディに改善されていきました。

私たちが素直に感動・感謝するためには、先ず私たちの性格を変えなければなりません。或いは生き方や考え方を変えるためには、思考パターンを変えていく必要があります。そして、思考・言葉・行動のパターンが変われば、運命は必ず良くも悪くも変わることになります。私たちは、誰に対してでも先ずは身体の痛みを取ることから始めてみます。痛みが取れて身体が軽くなれば誰でもが、自然と感謝の気持ちが湧いてくるのではないでしょうか。感動・感謝は誰の心も優しくさせ、且つ、素直にさせるものです。

誰かのためにパワーを使えば使うほど、その度ごとに出会う笑顔に私たちの心が暖かくなっていくのはなぜでしょうか。つまり、パワーとは使えば使うほど、私たちは優しくなることしかできません。優しい心は肉体を包含し、痛みを緩和させ、病を癒します。

ブログランキングに参加しています。

応援クリックをお願いします。励みになります!

書籍紹介

マインドパワーの真髄を学びたい人にはこの一冊

「生きて 愛して 笑って」 (画像をクリック☟)

IMG_20150921_105618                                                                                                全360ページ 1944円(税込)        
ジュンク堂、紀伊国屋など全国各地の書店で好評発売中
郵送をご希望の方はこちらから

お問い合わせはこちらから☟

   お問い合わせフォーム

太陽の丘クリニック公式ブログ☟

福岡市の郊外にある太陽の丘クリニックは、豊かな自然に囲まれた癒しのクリニック。   必要な検査や投薬は行いながら、西洋医学をベースに患者さん本来が持つ自然治癒力を高める診療を目指しています。遠方から来られる患者さんのためにも土日・祝日も診療を行っています。http://taiyonooka-clinic.com/

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする