患者さんを癒し、寄り添うこと

yak0025-009

今日、ある方の痛みを取る機会がありました。

詳細はお聞きできなかったのですが、その方のご病気は深刻な状況だとわかりました。手のひらで全身の反応を診ながら、反応の強いところにエネルギーを送っていきます。ただ向かいあっているだけではわかりませんが、目の前の人を癒すとき、不思議とその方の悲しみ、不安、困惑、失望といった感情が伝わってきて、泣き出したい気持ちになりました。

痛みもなく健康な私が、そのお気持ちを到底理解することはできず、どんな言葉も浅い言葉でしかないと思いました。それでも、医師として伝えられることがあれば、言葉を吐こうと思い「私は、(あなたの)詳しい病状もわかりません。不安や困惑、『なぜ私が?』様々なお気持ちがあるかもしれません。ただ一つだけ言えることは、人間の持っている可能性は無限です。お医者さんが何か言われるかもしれませんが、それはあくまで経験値に基づくものであって、人ぞれぞれ違います。気持ちの持ち方がとても大切ですので、ご自身の可能性を信じて、よいと思うものは何でも取り入れていただいて、ご自身が心地よいと思うことをなさってください。」とお伝えしました。

手のひらに反応を感じながら、その反応がすっきりするまでエネルギーを送りながら、せめてこうして自分の手で癒すことができることで、自分が救われた気持でした。

施術が終了した後、その方は「痛みが軽くなったような気がする。」とおっしゃられました。私たちにできることは精一杯痛みを取ること、身体を軽くすること。そのことをどのように捉えるかは、人それぞれです。

マインドパワー(ハンドヒーリング)は誰もが持っている癒しの能力です。

心あるドクター達に知っていただきたい力であり

治療法を探している方に知っていただきたい力であり

健康な時(未病の時)にこそ知っていただきたい力です。

ブログランキングに参加しています。                          応援クリックをお願いします。励みになります!

太陽の丘クリニック公式ブログ☟

http://taiyonooka-clinic.com/

お問い合わせはこちらから

   お問い合わせフォーム

書籍紹介

マインドパワーの真髄を学びたい人にはこの一冊                         「生きて 愛して 笑って」 (画像をクリック☟)

IMG_20150921_105618                                                                                                全360ページ 1944円(税込)                                          ジュンク堂、紀伊国屋など全国各地の書店で好評発売中                 郵送をご希望の方はこちらから

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする