エネルギー療法による動脈管開存症の克服

leaves-228111_960_720私がマインドパワーを持った当初からよく知っている女性、Yさん。12年前、義理のお母さんが体調不良で病院を受診したところ末期がんと診断され、2か月前に知人がパワーのことを教えてくれたことを思い出しました。

義理のお母さんの痛みを自分の手でとってあげたいとパワー取得日(セレモニー)まで、待ちに待っていましたがセレモニーの日がお母さんの命日となってしまいました。それでも、その翌月にパワーを取得したYさん。「その原点があるから、私は出会った人には『今だよ!!』という気持ちでパワーを伝えています。」と、今も変わらぬ姿勢でパワーの真実を伝えていらっしゃいます。

Yさんの長女さん(20代)は、5歳のときに病院を受診した際に、偶然心雑音を指摘、エコー検査で逆流が確認され、動脈管開存症と診断されました。通常の生活はできるものの、無理をすると倒れてしまい週末はずっと寝込んでいるという状態でした。手術のタイミングを図りながら定期的に病院を受診していました。

2005年12月(15歳時)に、Yさんがマインドパワーを取得し、本人にエネルギーを送り始めました。翌年の5月の検診で、それまであった逆流が確認できず、病院の主治医からは「こんなことはあり得ないから、2年後にもう一度検査をしましょう。」と言われ、さらに2年後に再検査を受けましがた、やはり逆流はなく、医師から『自然治癒』の診断を受けました。

動脈管とは、胎児が母親のお腹の中にいるときに、肺動脈から大動脈への抜け道になっている血管のことをいいます。生後呼吸を始めると、この抜け道は必要がなくなり、生後2~3週間までに完全に閉じてしまいます。この動脈管が閉じずに残っているものを動脈管開存症といいます。

この病気は、もっとも多い先天性心疾患のひとつで、先天性心疾患全体の5~10%を占めています。動脈管開存症では、全身に流れるべき血液の一部が大動脈から肺動脈へ流れるために、肺や心臓(左心房・左心室)に負担がかかります。動脈管が太く開いているほど流れる血液の量が多くなり、その負担は大きくなります。診断には、この症例のように心エコー検査で可能です。動脈管は乳児期以降に閉鎖することはまれで、幼児期以降ではカテーテルを用いてコイルで閉じる方法か手術のいずれかが選択されます。

今回の場合、5歳で診断され、医師からは「自然に閉じることはない」と説明を受け、手術の時期をみながら10年間定期的に検査をおこなっていました。しかし、Yさんがパワーを取得して娘にパワーを送り、およそ5か月後に動脈管の閉鎖が心エコーで確認されました。その2年後にも同様に動脈管は閉鎖したままで、実際の診断書にも手書きで「PDA(動脈管開存症)→自然治癒(正常)」と記載されています。そこには、やはりマインドパワーの関与があったと考えざるをえません。

ところで、その頃中学生だった次女さんは、小さい頃から、消防隊員になるという夢がありました。高校生になったばかりの頃「私は将来、たくさんの人を救いたいのでパワーを下さい。」とお願いし、パワーを手にしました。そして2年前に狭き門でしたが無事に消防隊員になることができました。

現在90歳を超えたおじいちゃんもパワーを持っており、今年に入りやけどをしてしまいました。最初写真を見た時にはどうなることかと思いましたが、病院の付け替えとパワーを併用して手術をすることなく順調に回復することができました。

実は、Yさんとご主人の間には、長年確執がありました。ご主人は、家では一切話をしなかったそうです。お子さん達は「うちの両親がいつか絶対に離婚する、離婚したらどちらにつこうか。」とこっそり話をしていたそうです。しかし、Yさんがたくさんの方々を癒し救っていく中で、気がついたらご主人がたくさんお話をするようになっていました。Yさんが外で忙しくしていても、帰るとお食事を準備してくださったり、今では「自分でも信じられないぐらいラブラブになっています。」と言われるほど仲良くなりました。

2年前、次女さんは晴れて結婚なさったのですが、次女さんがYさんへ送った言葉は「お母さん私を生んでくれてありがとう。」ではなく、「お母さん、あの日にパワーを手にしてくれてありがとう。」という言葉でした。

Yさんが12年前、マインドパワーを手にしていなければ、長女さんの動脈管は閉じることなく、次女さんも息さんもおじいちゃんもパワーを持つことはありませんでした。ご主人との確執が埋まることもなかったかもしれません。ご主人が変わったのは、紛れもなくパワーを使う中でYさんの心が変わっていったからです。

Yさんの義理のお母さんは、一家の太陽でした。一家の太陽を失ってすぐ、Yさんはパワーを手にしました。そしてたくさんの人を癒す中で、いつの間にかYさんが一家の太陽になっていました。

マインドパワーは、家族の病気、絆、全てを良き方向へ導いてくれる

道しるべでもあります。

Yさんのような幸せ家族がたくさん増えますように…。

ブログランキングに参加しています。

応援クリックをお願いします。励みになります!

書籍紹介

マインドパワーの真髄を学びたい人にはこの一冊

「生きて 愛して 笑って」(画像をクリック☟)

IMG_20150921_105618

全360ページ 1944円(税込)        
ジュンク堂、紀伊国屋など全国各地の書店で好評発売中
郵送をご希望の方はこちらから

お問い合わせはこちらから☟

   お問い合わせフォーム

太陽の丘クリニック公式ブログ☟

福岡市の郊外にある太陽の丘クリニックは、豊かな自然に囲まれた癒しのクリニック。必要な検査や投薬は行いながら、西洋医学をベースに患者さん本来が持つ自然治癒力を高める診療を目指しています。遠方から来られる患者さんのためにも土日・祝日も診療を行っています。http://taiyonooka-clinic.com/

                 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする