エネルギー療法によるパーキンソン病の改善

IMG_20170710_170322ブログ

以前、マインドパワー(エネルギー療法)によって、発症から20年以上もパーキンソン病の薬を飲まずに、症状が改善されている男性の報告をしました(ブログ記事詳細)。今日は、マインドパワーによって笑顔を取り戻したパーキンソン病の女性のお話です。

70代の女性Oさん、2年程前から左手が震えるようになり、1年半ほど前にパーキンソン病と診断され、抗パーキンソン病薬(ドパミン前駆物質)を2錠/日飲んでいました。脳外科医師の白石先生のブログからマインドパワーのことを知り、1回のパワーの施術で、それまでできなかった飛び跳ねることができるようになり、昨年12月にパワーを親子で手にしました。

半年前は、前かがみになって歩いておられましたが、現在は多少動作はゆっくりであるものの、普通に歩くことができています。小きざみ歩行(歩幅が小さくなること)、すくみ足(一歩目が出にくくなること)などの症状も見られません。今は、薬を飲むのを忘れることがよくあるそうです。「今朝も薬を飲み忘れました。」とOさん。しかし、いつもと変わらず生活できています。

通常、薬を飲み忘れると主治医から叱られるものですが、病気や薬によっては、飲み忘れるというのはよいことだと思うのです。飲み忘れても、症状が変わらないというのは素晴らしいことですし、それだけ病気のことを忘れている証拠だからです。

そして、何より変わったのはOさんの表情でした。半年ほど前に1度お会いした時には、下を向いてほとんど笑顔が見られませんでした。以前は茶系の洋服を着ておられましたが、今日は綺麗なピンク色の洋服を着ていらっしゃいました。「綺麗な色ですね!」と言うと、「暗い色の洋服を着ていると、娘が『明るい色を着なさい!』って怒るからね(笑)」と笑顔で答えてくださいました。

かもし出す雰囲気が別人のようで「以前より随分と明るくなっておられますが、どうしてですか?」とお尋ねしました。

最初は半信半疑だったそうですが、今年の春から地域の施療所に通いはじめ、週1回マインドパワーの施療を定期的に受ける中で変化が出てきたと言われます。施療を1週間お休みしたら、とても身体がきついことに気づきました。そして次の週、天気予報は大雨の予報でしたが、「私は雨が降っても、槍が降っても施療を受けに行く!」と言って、「雨よとまれ!」とパワーを送ったら、雨がやみ、薄日が差してきたそうです。送り迎えをしてくれた娘さんも、雨がやむようにパワーを送っていたとか。

「最初は、半信半疑でしたが、自分の経験を通して確信が深まってくると、感動感謝の気持ちが溢れるようになりました。」もともととても明るい性格のOさん、今日も冗談ばかり言って笑わせてくださいました。

ブログへの掲載も快く承諾してくださったOさん

もし、将来に不安がいっぱいで、希望がなければこの笑顔は出ないでしょう。

人から言われたことではなく、自分自身の経験は何より強い確信へと繋がります。

Oさんが本来の自分を取り戻すことができて、本当によかったですね。

ブログランキングに参加しています。

応援クリックをお願いします。励みになります!

書籍紹介

マインドパワーの真髄を学びたい人にはこの一冊

「生きて 愛して 笑って」 (画像をクリック☟)

IMG_20150921_105618                                                                                                全360ページ 1944円(税込)        
ジュンク堂、紀伊国屋など全国各地の書店で好評発売中
郵送をご希望の方はこちらから

電子書籍でのご購入はこちらから

お問い合わせはこちらから☟

   お問い合わせフォーム

太陽の丘クリニック公式ブログ☟

福岡市の郊外にある太陽の丘クリニックは、豊かな自然に囲まれた癒しのクリニック。   必要な検査や投薬は行いながら、西洋医学をベースに患者さん本来が持つ自然治癒力を高める診療を目指しています。遠方から来られる患者さんのためにも土日・祝日も診療を行っています。http://taiyonooka-clinic.com/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする