21年間薬を飲まずにパーキンソン病が改善!

IMG_20170624_080440ブログ

現代社会において、もはやめずらしい病気ではなくなっているパーキンソン病。パーキンソン病とは、脳内のドパミンが減少するため、ふるえ、動作緩慢、小刻み歩行などを主な症状とする、原因不明かつ進行性の神経変性疾患です。パーキンソン病の日本での有病率は、人口1,000人当たりに約一人と言われており、日本全体で10万人以上の患者さんがいると推定され、高齢化社会を迎えるにあたって、今後ますます患者数は増えると予想されています。

5,60代で発症することが多いのですが、70代での発症も稀ではありません。また、40歳前に若くして発症する方もおられます。

パーキンソン病は、国の難病(特定疾患)にも指定されています。治療は、内服治療となり、どの薬も根本的に治療する「根本治療」ではありません。不足しているドパミンを補充する「補充療法」です。

そんな原因不明、根本治療がないパーキンソン病でも、エネルギー療法によって改善している方は多くおられます。今日は、パーキンソン病と診断され、マインドパワー(ハンドヒーリング)の治療によって、21年間一切抗パーキンソン病薬を飲むことなく過ごすことができ、さらに症状も改善している!という嬉しいご報告です。

76歳男性、Tさん。Tさんは、21年前にパーキンソン病を発症しました。55歳頃から歩行がおぼつかなくなり、徐々に日常的な動作が遅くなり、62歳で地元の病院でパーキンソン病と診断されました。Tさんは、医師から「10年後には寝たきりか、車椅子の生活になるでしょう。すぐに薬を飲む必要があります。」と説明を受けました。薬は飲みたくないと必死で治療法を探す中、マインドパワーに出会いました。ご夫婦でマインドパワーを取得し、定期的に施療に通う中で、病気の発症が抑えられ、よい状態を保つことができています。

そして、今日クリニックを訪れたお二人が、「症状が改善している!」という嬉しい報告をしてくださいました。Tさんは、特定疾患の申請のため、毎年主治医の先生に書類を書いてもらっています。その書類の記載項目の一つである、重症度のYahr分類(ヤール分類)が何年間も4度だったのが、今年は3度という評価を受けたというのです。

注)ヤール分類:パーキンソン病の一般的な症状の評価に用いられます。パーキンソン病でみられる症状をステージⅠ~Ⅴ度までの5段階に分けて評価します。高くなるほど重症です。

写真は、昨年のYahr分類。同じ主治医が記載したもののコピーです。

IMG_20170626_204117ブログ

2016年臨床調査個人票より

続いて、今年のYahr分類、重症度が4度(高度障害を示すが、歩行は介助なしにどうにか可能)から、3度(軽~中等度パーキンソニズム、姿勢反射障害あり、日常生活に介助不要)となっています。

ブログ

2017年臨床調査個人票より

ブログでの掲載も快く承諾いただき、Tさんの妻、Sさんは「パーキンソン病であっても薬も使わずに、こうしてよくなっているという事実を一人でも多くの方に知っていただきたいです。西洋医学とあわせて、あるいはパワー単独でも取り入れてほしいです。」とおっしゃっていました。

Tさんは今でも愛知県から福岡まで新幹線で通うことができています。写真のように杖をついて歩くこともできます。発症から21年物間薬を飲むことなく生活ができるということ、さらに良くなっているというのは医学的にみても奇跡的なことです。お二人の笑顔が何よりの真実です。

blog_import_576f2b530df03

ブログランキングに参加しています。

応援クリックをお願いします。励みになります!

書籍紹介

マインドパワーの真髄を学びたい人にはこの一冊

「生きて 愛して 笑って」 (画像をクリック☟)

IMG_20150921_105618                                                                                                全360ページ 1944円(税込)        
ジュンク堂、紀伊国屋など全国各地の書店で好評発売中
郵送をご希望の方はこちらから

電子書籍の販売が始まりました!

マインドパワーの真髄が書かれた『生きて 愛して 笑って』

パワーの極意が詰まった『KUNIKO METHOD 未来はあなたの手の中』

医学的な見地からパワーによる改善治癒30症例を掲載した『ふたりの女医の挑戦』

いずれも日本語版、英語版となって配信されています。

さらに『生きて 愛して 笑って』の映像・音声入りの書籍も予約受付となっています。

ご注文、ご予約はこちらから

 

お問い合わせはこちらから

   お問い合わせフォーム

太陽の丘クリニック公式ブログ☟

   http://taiyonooka-clinic.com/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする