エネルギー療法による掌蹠膿疱症の改善

空_edited-2

掌蹠膿疱症とは、無菌性の膿疱(ウミがたまったもの)が手のひらや足の裏に生じ、慢性に経過する皮膚病で、周期的に良くなったり、悪くなったりを繰り返します。はっきりとした原因は、いまだ解明されていません。掌蹠膿疱症の患者さんのうち、約80%の人が喫煙者と言われています。また、金属アレルギーや扁桃腺や歯、鼻などに細菌による慢性炎症があると掌蹠膿疱症が生じることがあります。

西洋医学的な治療には、副腎皮質ステロイド外用、活性型ビタミンD3外用、紫外線治療、ビタミンA誘導体の内服(避妊・副作用について同意が必要)などがあり、場合によっては免疫抑制剤が使われることもあります。

これまで多くの患者さんを診察してきましたが、やはりほとんどの患者さんが喫煙者です。しかし、喫煙が影響するとわかっていても、なかなか禁煙できないのが現状です。また患者さんによっては、治療抵抗性であったり、再燃寛解を繰り返したり、歯科金属を除去し、取り替えても、症状が思うように改善しないこともあります。

そんな中エネルギー療法は、新しい治療の選択肢になるのではないでしょうか。今回は、マインドパワー(ハンドヒーリング)による掌蹠膿疱症の改善例のご紹介です。

50代 女性

48歳ごろ、手のひらのかゆみと乾燥、ひび割れができるようになりました。その1か月後には膿疱ができるようになり、ますます乾燥して、つぶれるようになり、赤くて薄い皮膚になってしまいました。

皮膚科に通い、当初はストロンゲストのステロイド剤を塗り、その後ビタミンD製剤を1日3回塗布していました。治療を開始して1年後に、紫外線治療を行い、半年間継続しました。しかし、膿疱ができてかさぶたになるという症状が2週周期で起こり、7~8年が経っていました。

病院の主治医からは、「10年ぐらい治らない」という説明を受け、とても不安でしたが、から元気を出していました。全ての出来事に対し「私ばかりが不幸、病気になっている。一生懸命生きて、真面目に生きてきたのに何故?」と本当に悔しい思いがありました。

そのような中、マインドパワーに出会い、定期的に1ヵ月に2回施療を受け、自分もパワーを使って人を癒す中で、薬が要らなくなり、保湿剤のみですむようになりました。心がとても穏やかになり、病気は自分でつくったものと本当に思えるようになりました。以前は「どうせ私は」と悲観していたのがなくなり、今は毎日を後悔ないように生きることを意識しています。

女性は、さらに「人間は変化し成長できる細胞だと思う」とコメントしています。人間の約60兆個の細胞はすべて意識を持っています。マイナスの意識は、身体にもマイナスの変化を生み出し、プラスの意識はプラスの変化を生み出します。

マインドパワー(ハンドヒーリング)に出会い、病を克服している大勢の方を見ていると、病気は自分が創り出したものであり、ご自身の生き方や考え方、物事のとらえ方が変わり、感動感謝が溢れるようになると、病気は真に癒えていくことを実感しています。その最初の第1歩は、薬も使わずに痛みや痒みが一瞬でも取れることだと思っています。

ブログランキングに参加しています。

応援クリックをお願いします。励みになります!

書籍紹介

マインドパワーの真髄を学びたい人にはこの一冊

「生きて 愛して 笑って」 (画像をクリック☟)

IMG_20150921_105618                                                                                                全360ページ 1944円(税込)        
ジュンク堂、紀伊国屋など全国各地の書店で好評発売中
郵送をご希望の方はこちらから

電子書籍の販売が始まりました!

マインドパワーの真髄が書かれた『生きて 愛して 笑って』

パワーの極意が詰まった『KUNIKO METHOD 未来はあなたの手の中』

医学的な見地からパワーによる改善治癒30症例を掲載した『ふたりの女医の挑戦』

いずれも日本語版、英語版となって配信されています。

さらに『生きて 愛して 笑って』の映像・音声入りの書籍も予約受付となっています。

ご注文、ご予約はこちらから

 

お問い合わせはこちらから

   お問い合わせフォーム

太陽の丘クリニック公式ブログ☟

   http://taiyonooka-clinic.com/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする