本当に必要な薬がわかる本

51AibYZGKjL__SX258_BO1,204,203,200_

2017年5月にブックマン社より発刊された「有名医が本音で答える! 本当に必要な薬がわかる本」。本書は、医療や薬を否定しているわけではなく、患者さんが主体性をもって病気と向き合い薬のメリットとデメリットを考えるために、各分野で活躍をされているドクター30名の薬に対する見解を紹介しています。薬は基本的に毒である・極力薬の使用を控えるべきであるという意見から、薬は病気を回復したり生活の質(Quality of Life:QOL)を高めるための道具や補助薬である、といった意見までドクターによって様々です。薬についてあまり深く考えたことがない方は、一度読んでみられると、薬への理解が深まり、薬に対する考え方が変わるのではないでしょうか。

本書の中で共感した部分を、一部抜粋しました。

自然治癒力の大切さ

●自分で考えること。他人の意見を聞き過ぎて、右往左往しないでください。まずは自分で自分を観察すべきです。全ての責任は自分で負うべきです。「この薬は本当に効くのか?」「副作用は大丈夫か?」と心配ばかりしていたら、薬の効果は半減してしまうでしょう。「この先生は大丈夫か?」と疑っていても治療効果は上がりません。人にはプラシーボ効果といって、たとえメリケン粉を飲まされていても、患者が良薬だと信じれば、がんも消えることがあります。「実はメリケン粉でした」と知らされた途端にがんが再発した、という話もあります。

信じる力、心の働きは何にも増して強力です。医師との相性も重要なファクターになります。信頼できる医師と出会い、信用して治療を受ける。そうすれば薬の効果も格段と良くなるのではないでしょうか。不平不満ばかり言っている人は、いつも周囲の人に感謝の言葉を述べている人より治療効果が上がらないと思っています。人間が本来持っている自然治癒力を侮ってはなりません。 (熊谷頼佳先生追記より)

●私たちの身体には、傷ついた箇所は自分で修復する能力が備わっていることに注目すべきである。病気は薬が治すのではなく、生体本来が持つ自然治癒力が病気を治すのである。ところが、西洋医学教育や医療現場では、この自己治癒力(自然治癒力)の考え方が抜け落ちている。病気になった多くの方々は、私たちの身体には自然治癒力が備わっているとは思っていない。そのため健康を回復させるには、医師の治療を受けると共に、処方された薬が必要だと考えている。これは大いなる誤解である。

「瞑想」「ヨガ」「太極拳」「気功」といった一連の能動的な身体的・心的所作を行うと「心体不二」(心と身体が結びついている状態)の感覚に至り、外部からの薬剤に頼らなくとも私たちに生来備わっている内因性物質が豊富に産生され、心身の活性が促されてくる。一方「鍼灸」「マッサージ」や「医師と患者の心の交流」といった受動的な治療にもまた、私たちの内因性物質の産生と働きを高め、自然治癒力を増進する可能性がある。(高橋徳先生追記より)

私自身は、内服薬も外用剤もほとんど使いません。虫に刺されてもケガをしても自然にまかせています。以前は、鎮痛剤、胃薬、筋弛緩薬、ビタミン剤など1日7~8種類の薬を飲んでいましたが、(恥ずかしながら)医者11年目にして薬には副作用があることを知り、薬を飲むのをやめました。

診療の中で患者さんには、必要な薬は処方しますが、できるだけ薬に頼らずに、自然治癒力を高めることを目指しています。患者さんから減薬の希望があれば、症状をみながらできるだけ患者さんの希望に添えるようにサポートしています。

薬の副作用について、西洋医学以外の治療法について、生活習慣や心のあり方など根本から改善する必要性について、などお話したうえで、自分の価値観を押しつけるのではなく、患者さんのニーズにあった処方をしています。とは言うものの正直、受診をされる患者さんの中には「ゆっくり寝ていたら治るのに…」と思う方もいらっしゃいます。

そんな中、マインドパワー(ハンドヒーリング)は、薬も使わずに痛みやかゆみを取ったり、鼻水、喉の痛み、咳、頭痛、腹痛など諸症状を緩和することができます。もともと人間本来が持っている力なので、そのスイッチがオンになると誰でも簡単に人を癒せるようになります。お母さんがお子さんの熱を下げたり、下痢を止めたり、おばあちゃんがお孫さんのアトピーや喘息を治したり、奥さんがご主人の腰痛を取ってあげたり…大抵のことは病院に行かずにすんでしまいます。このような力が広まれば、薬の要らない時代も夢ではないかもしれません。

薬は、あくまで対症療法です。

そして、どんな薬にも必ず副作用があります。

薬に頼るのではなく、ぜひご自身の自然治癒力を高めていただきたいと思います。

ブログランキングに参加しています。

応援クリックをお願いします。励みになります!

書籍紹介

マインドパワーの真髄を学びたい人にはこの一冊

「生きて 愛して 笑って」 (画像をクリック☟)

IMG_20150921_105618                                                                                                全360ページ 1944円(税込)        
ジュンク堂、紀伊国屋など全国各地の書店で好評発売中
郵送をご希望の方はこちらから

電子書籍の販売が始まりました!

マインドパワーの真髄が書かれた『生きて 愛して 笑って』

パワーの極意が詰まった『KUNIKO METHOD 未来はあなたの手の中』

医学的な見地からパワーによる改善治癒30症例を掲載した『ふたりの女医の挑戦』

いずれも日本語版、英語版となって配信されています。

さらに『生きて 愛して 笑って』の映像・音声入りの書籍も予約受付となっています。

ご注文、ご予約はこちらから

 

お問い合わせはこちらから

   お問い合わせフォーム

太陽の丘クリニック公式ブログ☟

   http://taiyonooka-clinic.com/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする