ハンドヒーリングによる多系統萎縮症の改善

ブログランキングに参加しています。皆様の応援クリックが励みになります!

grass-3085457_960_720

多系統萎縮症とは、大脳、小脳、脳幹)脊髄()といった脳のさまざまな部位が障害を受けることで発症する病気です。

脳神経のなかでもどの部位が障害を受けるかに応じてそれぞれ出現する症状は異なります。たとえば大脳の一部(線条体)が障害を受けるとパーキンソン病のような症状が現れます。小脳が障害を受けるとバランス調整に障害を受けます。脊髄に関連して自律神経障害が現れることもあります。

多系統萎縮症では、病気を根本的に治療する方法は確立されていません。さまざまな症状が現れるため、症状に応じた対処療法が行われます。medical noteより一部抜粋)難病情報センターの情報によると、発症後平均約5年で車椅子使用となり、約8年で臥床状態(寝たきり)になるとされています

つまり、現代医学ではなす術のないということになります。けれどマインドパワー(ハンドヒーリング)で改善がみられている方々がいるのです。今日はその中のお一人をご紹介します。

60代の女性、Tさん。平成29年秋ごろより排尿障害や足のだるさを自覚していました。平成30年12月からふらつきが生じ、大学病院にて多系統萎縮症と診断されました。主治医からは「治療法がありませんので経過をみていきます。今後は排尿障害も進行し、自己導尿になるでしょう」と説明を受けました。

しかし、平成31年3月にマインドパワーを取得、その後定期的に施療に通う中で諸症状の改善がみられています。以前は足のだるさがありましたが、5月には坂の上り下りをしても足のだるさを感じることなく、休むことなく歩くことができました。ろれつ不良やふらつきも改善しており、大学病院の診察でも主治医から「初診の時よりも反応が良くなっている」と言われました。

排尿障害のためトイレに行く回数の割に尿量が少ないということでしたが、先日パワーの施療を受けた後は出過ぎるぐらいしっかり尿が出たと報告をしてくださいました。

今後集中的に施療を受ける予定のTさん、「自分の病気は痛くもかゆくもないので、感謝しています。病気が進行していくとついその不安にとらわれてしまいますが、自分の弱さをはねのけようと思っています。」という前向きな発言にとても感動しました。このように考えられるTさんだからこそ、よい変化が起こっているのだとも思いました。

マインドパワー(ハンドヒーリング)は、まさに難病に挑むエネルギー療法です!

書籍紹介

  • 「難病に挑むエネルギーヒーリング」

ブログ 本

全234ページ 1620円(税込)

全国大手の書店やアマゾンなど種々のウェブストアで発売中

  • 「意識のめざめ~私が人生で知りたかったこと」

幻冬舎より発売 運命はこんなにも簡単に変わる!

61WFqY4O9+L__SX334_BO1,204,203,200_
全264ページ 1512円(税込)

全国大手の書店やアマゾンなど種々のウェブストアで発売中 郵送をご希望の方はこちらから

  • 臨床心理学から見たエネルギーヒーリング

幻冬舎より第2弾。心理学の世界からマインドパワーについて解析!

カバー.pdf_page_1

全206ページ 1620円(税込)

全国大手の書店やアマゾンなど種々のウェブストアで発売中 郵送をご希望の方はこちらから

  • 「生きて 愛して 笑って」

マインドパワーの真髄を学びたい人にはこの一冊

IMG_20150921_105618

全360ページ  1944円(税込)        
郵送をご希望の方はこちらから

  • 「意識を変えると運命は変わる」

マインドパワーを手にし、病を克服し、運命を変えた約200人による寄稿集。パワーを手にして臨床現場で生かす医師8名の記事も掲載。

意識を変えると運命が変わる表紙ブログ

全220ページ  1188円(税込)        
郵送をご希望の方はこちらから

お問い合わせは・本の注文はこちらから

   お問い合わせフォーム

太陽の丘クリニック公式ブログ

福岡市の郊外にある太陽の丘クリニックは、豊かな自然に囲まれた癒しのクリニック。必要な検査や投薬は行いながら、西洋医学をベースに患者さん本来が持つ自然治癒力を高める診療を目指しています。遠方から来られる患者さんのためにも土日・祝日も診療を行っています。http://taiyonooka-clinic.com/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする