エネルギー療法による多発性髄膜腫の改善

gatag-00005837

髄膜腫とは脳腫瘍でもっとも多い腫瘍で、90%が以上が良性とされています。髄膜から発生する腫瘍で、脳の外側に発生して脳を外側から圧迫するものです。腫瘍が小さいうちは無症状ですが、腫瘍が大きくなるほど症状が強くなっていき、場所によって頭蓋内圧亢進症状や麻痺やけいれんなど様々な症状を呈します。

治療は、手術や放射線治療があります。手術で取り切れれば治癒しますが、取り残しがあったり、取りきれなかったりすると再発します。実際に再発を繰り返し、手術や放射線治療を繰り返している方、腫瘍による症状や治療による副作用で苦しんでいる方もいらっしゃいます。

それでは、今日は、マインドパワー(エネルギー療法)による髄膜腫の改善報告です。

40代 女性

(お母さんによるお話しです)5歳の時に脳腫瘍を発症し、手術後、放射線治療を受け普通の生活を送っていました。しかし、その時に脊髄と頭部にあてた放射線の副作用で髄膜腫ができ、手術を繰り返すようになり、平成16年には歩行困難になりました。立ち上がることや1人で椅子に座ることもできず、昼間は眠っていることが多くなりました。さらに3年前には右頭部に新たな髄膜腫が3か所見つかりました。

2年前、他県に暮らす義理の姉から電話でマインドパワーのことを教えてもらい、藁をも掴む思いで家族4人でパワーを手にしました。パワーの施療を受け、パワーの勉強も続けながら、半年後には娘の顔に表情がでて、昼間はほとんど眠ることがなくなりました。今では週3回通う障害者施設でのお菓子作りの時間を楽しみにするまでになりました。

パワー取得後、頭部の腫瘍は進行が止まっており、1年半後のMRI検査では腫瘍がすべて消失していました。いま娘は椅子に座れるようになり、1人で立ち上がったり、手すりを持ちながら階段をあがれるぐらいにまで回復しています。短期間でここまで回復し、感謝しかありません。

人間の自然治癒力は無限です。

藁をも掴む思いが届いて本当によかったです。

ブログランキングに参加しています。

応援クリックをお願いします。励みになります!

太陽の丘クリニック公式ブログ☟

http://taiyonooka-clinic.com/

お問い合わせはこちらから

   お問い合わせフォーム

書籍紹介

マインドパワーの真髄を学びたい人にはこの一冊

「生きて 愛して 笑って」 (画像をクリック☟)

IMG_20150921_105618                                                                                                全360ページ 1944円(税込)        
ジュンク堂、紀伊国屋など全国各地の書店で好評発売中
郵送をご希望の方はこちらから

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする