ゆだねるということ~あなたの人生に奇跡を起こす法

ゆだねるということ

医学博士でもあり、全米のスピリチュアル・リーダーとしても著名な                    ディーパック・チョプラ博士著『ゆだねるということ』

この本(上下巻)の中でチョプラ博士は、シンクロニシティ(偶然の一致)、シンクロディスティニ(運命を変える偶然の一致)について述べており、そのパワーを日常に生かす具体的なテクニックを解説しています。

皆さんは、望んだ人生を手に入れているでしょうか?                       なりたい自分になっているでしょうか?                            誰もが無限の可能性を持っているのですが、自分で限界を決めていないでしょうか?    手に入れたい人生を望む前に、最初から無理だと諦めていないでしょうか?

(以下本文より抜粋)

奇跡は毎日起こっている

奇跡は毎日起こっています。地球を半周した遠い田舎の村や聖地だけの話ではなく、わたしたちが暮らしている、今この場所で起きているのです。奇跡は隠れたところからひょうっこりと顔を出し、一瞬チャンスで取り囲んでくれたかと思うと、すぐに姿を消します。

流れ星と同じように、奇跡もわたしたちの意識を毎日のように横切っています。自分の運命がこれからどうなるのかわからなくても、奇跡に気づくのか無視するのかの、どちらかを選ぶことはできます。結果は歴然としています。奇跡にきちんと目を配ってさえいれば、夢にも思い描けなかったほど驚きと刺激に満ちた人生が始まり、素晴らしい体験も増えていくのです。

しかし無視してしまえば、チャンスは永遠に遠ざかってしまうでしょう。すべては、奇跡に出会ったとき、気づけるかどうかにかかっています。あなたには数多くの奇跡が訪れています。奇跡に気づいたならどうしますか?その奇跡を上手に組み合わせて最大限の効果を生み出そうとするなら、多くの奇跡のなかから、あなたは何を選ぶでしょう?

いくら綿密な人生設計をたてたとしても、そのとおりに生きることなどできません。思いもよらない出来事が生じ、あなたの運命をつくっていきます。毎日、偶然の一致、つまり小さな奇跡が起こるのは、あなたが今まで夢見ていたよりはるかに壮大な計画を、宇宙があなたに用意している証拠なのです。

魂のレベルで生きられるようになった瞬間、たくさんのことが発生します。わたしたちは生きとし生けるすべてのものを支配している、もっとも素晴らしいパターンや同調したリズムに気づくようになります。どんな記憶や体験が、今の自分に導いてくれたのかがわかり、真実の世界が徐々に明らかになっていきます。あなたが畏敬の念を抱きながら立ち止まってその世界を観察している瞬間、恐怖や不安は消え去っています。自分を取り巻いている偶然の一致の網の目に気づき、どんなに些細な出来事の中にも意味があると気づくようになります。より意識的に注意を払うと、この偶然の一致は人生のなかに具体的な成果を生み出していきます。人間は宇宙全体とつながり、すべてのものを結びつけているスピリットの存在に気づきます。

心の奥深くに潜んでいる不思議なパワーの覆いを取り除き、光り輝く時間を見つけ出し、今、この瞬間を満喫できるようになります。運命は無限の創造性に満ちています。本来、運命とはそうあるべきものです。私たちは心の一番奥で影をひそめていた夢を実現し、悟りに近づくことができるのです。

「宇宙の心」に意志をつなげる

意志とは意識のなかに埋め込まれている種(スピリット)です。種に関心を払い、きちんと心遣いをしておけば、芽がでてきます。自然に病気が治ってしまう人がいる理由もそこにあります。意思は宇宙のなかにあるあらゆる想像力を組織化していきます。人間はこの意志を利用して、人生にプラスの変化を創り出していくことができます。

宇宙に内在する創造力を利用することで、意志は活動を開始します。それぞれの人間に創造力があるのと同じように、宇宙にも創造力、生命力、意識が存在しています。緊密な関係が人間と宇宙の間に築かれれば、宇宙は人間の意志に応えてくれるようになります。そうすると宇宙がまるで自分の拡大された身体のように思えてくるでしょう。

意志を抱けばたえずチャンスがめぐってきます。チャンスが到来すれば、行動が必要となります。行動に踏み切るときは、「実行しているのは自分ではない」という態度をとってください。自分の行動を「すべて」である知性、あらゆるものごとを組織化する宇宙のスピリットの行動だと思うことです。すると不安を抱くこともなくなり、結果にも執着しなくなります。(以上本文より抜粋)

私に起こったシンクロディスティニ

私の人生最大の奇跡は、35歳の時にマインドパワーに出会ったことでした。マインドパワーとは、人間本来が持っている潜在能力の一部、そのスイッチがオンになると誰でも宇宙と繋がり、自由に人を癒し、遠隔でエネルギーを送り、思い通りの植物や野菜を育てることができるようになります。

私にパワーの存在を教えてくれたのは、高校生の同級生であった後藤先生(ふたりの女医の挑戦の共著者)でした。東北大震災をきっかけに、「会える人には会える時に…」と私に一本のメールをくれ、16年ぶりに再会したときに彼女からパワーの話を聞き、まるで導かれるように、その2週間後にパワーを取得していました。それから多くの患者さんを癒す中で、私の人生観も価値観もすっかり変わってしまい、今があります。実は、彼女とは小学校の頃からの知り合いでした。しかし、高校を卒業した時には、まさか16年ぶりに再会し、同じ志を持って医療に携わるとは想像すらしていませんでした。

現役で活躍されている脳外科医師である白石先生も(白石先生ブログ:現役脳外科医師が実施するスピリチュアル医療)、後藤先生からのブログの読者申請がきっかけで、マインドパワーのことを知り、今は医療の現場でパワーを用い、多くの患者さんを癒していらっしゃいます。

私たちは医師として、マインドパワーを医学的な立場から発信していますが、医療はあくまでパワーの世界のごくごく一部に過ぎません。マインドパワーは、人類の進化の一過程であり、このような力が誰でも使える時代になったことに、宇宙の計画というべき大きな意味があるのでしょう。

マインドパワーを使うことは、宇宙の意志に心を繋げることでもあると思います。その証拠に、私たちが痛みを取る時、私たちはただ「痛み取れろ!」と意識をするだけです。意識をしたら、あとはゆだねるだけです。テクニックや”私が取ってあげる”という”我”を出すと、起こる奇跡は頭打ちになり、純粋意識に近づくほど起こる奇跡は大きくなります。それ故、シンプルな子供やお年寄りほど爽やかに奇跡を起こすことができるのです。

人間であれば、本来誰もが宇宙と繋がっています。「思考、意識が現実を創る」多くの人が知っていることでしょう。しかし、この意識をコントロールすることが難しく、宇宙との繋がりを日々意識して暮らすことはなかなかにできることではありません。一方、マインドパワーは、実際に宇宙のエネルギーを使い人を癒すものであり、宇宙と繋がっているということを経験を通して知るツールです。利他的にパワーを使い、人を癒す中で、宇宙とのパイプはますます太くなり、振り返れば自分の病気が治っていた、或いは自分の望みが叶っているという力です。全てをゆだねて利他的に生きると、人生は思い通り、パワーはそのための具体的なツールなのです。

あなたが、このブログを見ているということがシンクロニシティであり(偶然の一致)、  シンクロディスティニ(運命を変える偶然の一致)の始まりです。

日々起こっている奇跡に目を向け、素晴らしい人生を手に入れたいものですね。

ブログランキングに参加しています。                          応援クリックをお願いします。励みになります!

太陽の丘クリニック公式ブログ☟

http://taiyonooka-clinic.com/

お問い合わせはこちらから

   お問い合わせフォーム

書籍紹介

マインドパワーの真髄を学びたい人にはこの一冊                         「生きて 愛して 笑って」 (画像をクリック☟)

IMG_20150921_105618                                                                                                全360ページ 1944円(税込)                                          ジュンク堂、紀伊国屋など全国各地の書店で好評発売中                 郵送をご希望の方はこちらから

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする