薬が病気をつくる~それでもあなたは薬を飲み続けますか

薬剤師・栄養学博士である宇田川久美子氏著「薬が病気をつくるー薬に頼らずに健康で長生きする方法」

510srtE7kTL

(本文より抜粋)

あなたの健康は、医者も、薬も、守ってくれません。

守ることができるのは、あなただけです。

健康診断で病人に認定され、薬で病気になる―。

そんな生き方は、もうやめませんか。

薬を飲むということは、何かしら身体に不調があるということ。

にもかかわらず、薬を飲んで症状が消えたら、それでOKとしていませんか?

薬があることで、「不調はいったいなぜ起きているのか」の根本原因について考えることを

無意識のうちにしなくなり、なくす努力を忘れ、そのまま放置してしまい、

結局、世の中には相も変わらず病気がはびこり、

正しい生活を送っていればかからないはずの病気で人々は亡くなりつづけている―。

まさに、「薬の発明は、この世の最大の悲劇」と言えます。

さらに薬は、身体にとって「異物」です。

この異物が体内で「毒」として作用し、身体を蝕んでいる

事実があることを、みなさんはご存じでしょうか?

もちろん先天性の病気や急性の症状など、

薬のおかげで助かる命、薬を飲むべき時もあります。

しかし、薬の大半は「なくていいもの」

「ないほうがいいもの」「あってはならないもの」と言っても過言ではありません。

「薬があるから大丈夫」は、健康的な生活を脅かす悪の呪文なのです。 (以上抜粋)

薬剤師でありながら、「薬はあってはならない」と断言するのは勇気がいることだと思います。その根底には、世の中の人たちが真に健康になってほしいという使命感もあるように感じました。宇田川氏は、ワクチン、市販薬の弊害、消毒薬の間違い、貼り薬・塗り薬・入浴剤の弊害や、漢方薬にも副作用があること、サプリメントは「死んだ食品」であることなどを述べ、「薬に頼らずに健康に長生きできる身体づくり」を提案しています。

ところで、マインドパワー(ハンドヒーリング)は、薬も使わずに痛みをわかって取れる力です。特別な能力ではなく、人間が本持っている潜在能力の一部で、エネルギー伝授を受けると子供からお年寄りまで誰でも自由に人を癒すことができるようになります。

今年の1月にマインドパワーを手にした薬剤師の方がこのようにおっしゃっていました。

「薬剤師になり薬局で仕事をする中で、なぜ風邪薬がこんなに売れるのか、なぜ人は治らない薬をずっと飲み続けるのだろうかなどという疑問を感じていました。薬局で病気にならない体づくりや未病をテーマ―に取り組んでいくと、患者さんがどれほど家族関係や対人関係などにストレスを感じて生活をしているのかが見えてきました。さらには、さほど効き目もないものを過大な宣伝で販売している通販の現状や、ビジネスとして成り立っている医療業界、『健康のため』と大義を掲げておきながら売り上げ主体の医薬品メーカー、漢方で体調が改善していた患者さんが病院で処方された薬により悪化する事例、そして私自身も、処方した漢方で患者さんが健康になれば売り上げがあがらないという気持ちも抱えており、あげればきりがないほどの矛盾を感じていました。

毎日自問自答し、年々心が苦しくなっていた時、中学時代からの友人からマインドパワーのことを聞きました。医学知識も全くない友人が、『パワーで子供の熱を下げ、痛みを取っている』と言った時、にわかに信じられませんでしたが、そんな力があればもっと患者さんの病気を治せると思い、セレモニーに臨みました。

マインドパワーで、初めて相手の肩の体の不調を両手に感じ、痛み重みを共感し、取ることができた時、思わず感動の涙を流したことをつい昨日のように思い出します。また、実践を続けていくうちに、本当に人助けの意味に気づかされました。」

とても誠実で心ある医療者だと思います。私は、マインドパワーに出会うまで何ひとつ西洋医学に疑問を持つことなく、医療に携わっていました。表面しか見れておらず、健康や命の本質をちっとも捉えられてなかったと思います。

恥ずかしい話、薬の副作用について深く考えたことはなく、検査で異常がなければ大して問題がないと思っていました。私自身、10年来の肩こりに対し3年間鎮痛剤を常用し、一時は筋弛緩剤、胃薬、ビタミン剤など7種類ほどの薬を毎日飲んでいました。しかし肩こりは、良くなるどころか、徐々に悪化をしていき、一生つきあっていくものと諦めていました。宇佐川氏の本にも、安易に痛みどめを飲んでいると、全身の血流が悪くなり、体温が下がり、結果的に免疫力が著しく下がってしまうと書いてあったので、無知とは恐ろしいものだと思います。しかし、程度の差はあっても私のように深く考えることなく患者さんに薬を処方している医師も多いのではないでしょうか。それを考えても、自分の健康を自分で守る術を身につけていてほしいものだと思います。

マインドパワーを手にしてからすっかり肩こりは消えてしまい、今では薬は一切飲むことなく、疲れ知らずの身体になりました。

病気になる前に、身体のエネルギーの乱れが生じます。がんの場合、健康な臓器よりも強い刺激感があります。病気になってから慌てるのではなく、健康な時から定期的にマインドパワーの施療を受け、エネルギーの流れをよい状態に保っていれば、病気を未病で予防したり、発症を遅らせることができると考えます。

また、両親がパワーを持っていれば、子供の熱を下げたり、痛みを取ったり、下痢をとめたりできるので病院に行く必要もめっきり少なくなります。お子さんのアトピーや喘息、食物アレルギーだって親御さんの手で治してあげることができます。

 

これからは自分の健康は自分で守る時代です。

 

ブログランキングに参加しています。

応援クリックをお願いします。励みになります!

書籍紹介

マインドパワーの真髄を学びたい人にはこの一冊

「生きて 愛して 笑って」(画像をクリック☟)

IMG_20150921_105618           

全360ページ 1944円(税込)        
ジュンク堂、紀伊国屋など全国各地の書店で好評発売中
郵送をご希望の方はこちらから

お問い合わせはこちらから☟

   お問い合わせフォーム

太陽の丘クリニック公式ブログ☟

福岡市の郊外にある太陽の丘クリニックは、豊かな自然に囲まれた癒しのクリニック。必要な検査や投薬は行いながら、西洋医学をベースに患者さん本来が持つ自然治癒力を高める診療を目指しています。遠方から来られる患者さんのためにも土日・祝日も診療を行っています。http://taiyonooka-clinic.com/

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする