小林麻央さんの死に思うこと

IMG_20170624_080156ブログ2

6月22日、フリーアナウンサーの小林麻央さんが逝去され、昨夜市川海老蔵さんの会見をニュースで拝見しました。まず、心よりご冥福をお祈りいたします。

闘病生活にあたり、度々ニュースでも取り上げられ、大勢の人が関心を向ける中、心穏やかでない時もあったかもしれませんが、最愛の人の死という辛い状況にも関わらず、涙を拭きながら誠実に話をされる海老蔵さんの姿に、頭がさがる思いでした。また、麻央さんが番組の取材をきっかけに未来に向けて毎年植樹をされているというエピソードから、麻央さんの誠実な人柄もうかがえ、テレビを消してからもこみあげてくるものがありました。

ニュースで紹介された麻央さんのブログで、「がんになって可哀そうだと思ってほしくない、がんが人生の主役じゃなくて、私は一人の女性として愛する人と結婚し、家庭を築き、愛する子供たちに恵まれ、幸せだった」といった内容の言葉が印象に残っています。左の乳癌だったと聞き、きっと口に出さずに我慢していたことも多く、最期までよい妻、よい母であり続けたのだと思いますし、「ありのまま」でいたいと願ってらっしゃったのではないかと考えたりしました。

肉体が終わっても、魂は永遠です。亡くなる間際に海老蔵さんに「愛してる」と言って旅立たれたことや、その後海老蔵さんが舞台に立つときは不思議と体が温かかったという話から、麻央さんの魂は、亡くなった後も海老蔵さんたちのそばにいて、見守っているんだと思いました。

もちろん麻央さんの死は悲しいことですが、麻央さんの死だけが特別なことではなくて、今この瞬間にも同じように若くして亡くなっていく方々が大勢いて、そこにも残されたご家族や子供がいることを思ったら、もっともっと沢山の人を救いたいとはやる思いで、しばらく眠れませんでした。

末期がんと宣告されたある若い女性。骨盤内に大きな転移巣があり、激痛に苦しみ、歩行が出来なくなり、主治医からはずっと車椅子と言われていました。4月にご主人がマインドパワー(ハンドヒーリング)に出会い、遠隔の施療を受け、ご主人もパワーを送る中で、転移巣が縮小し、現在リハビリがおこなえるまでになっていると、麻央さんが亡くなった日に聞きました。

知っていることと、知らないこと。その差は大きいと思いました。

マインドパワーというエネルギー療法について、西洋医学と併用して、あるいは単独で”がん”を乗り越えていらっしゃる方々がいること、たとえ”がん”はあっても不安なく痛みなく今瞬間を生きられること、愛する家族を自分の手で守れること…、もっと多くの方に伝えていきたいと思います。

ブログランキングに参加しています。

応援クリックをお願いします。励みになります!

書籍紹介

マインドパワーの真髄を学びたい人にはこの一冊

「生きて 愛して 笑って」 (画像をクリック☟)

IMG_20150921_105618                                                                                                全360ページ 1944円(税込)        
ジュンク堂、紀伊国屋など全国各地の書店で好評発売中
郵送をご希望の方はこちらから

電子書籍の販売が始まりました!

マインドパワーの真髄が書かれた『生きて 愛して 笑って』

パワーの極意が詰まった『KUNIKO METHOD 未来はあなたの手の中』

医学的な見地からパワーによる改善治癒30症例を掲載した『ふたりの女医の挑戦』

いずれも日本語版、英語版となって配信されています。

さらに『生きて 愛して 笑って』の映像・音声入りの書籍も予約受付となっています。

ご注文、ご予約はこちらから

 

お問い合わせはこちらから

   お問い合わせフォーム

太陽の丘クリニック公式ブログ☟

   http://taiyonooka-clinic.com/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする