エネルギー療法による脊柱管狭窄症の諸症状の改善!

sak0024-024

整形疾患は、高齢化に伴い増加傾向にあり、骨や骨格筋などの運動機能が障害されると、日常生活が制限されるようになります。幾つになっても元気で過ごしたいものですが、痛みがあると辛いですし、思うように身体が動かないと、将来の不安も付きまとうものです。

脊柱管狭窄症は、加齢、労働、あるいは背骨の病気による影響で変形した椎間板と、背骨や椎間関節から突出した骨などにより、神経が圧迫される病気です。主な症状は、立っている時や歩行時の、臀部痛や下肢痛です。多くの場合、歩くことで疼痛が出現し、一定時間の休息で再び歩くことができるようになる「間欠跛行(かんけつはこう)」を呈します。進行すると、排尿障害や便秘などの症状をきたすこともあります。

治療法は大きく分けて、保存療法と手術療法の2つがあり、重症の場合を除き保存療法から始めます。保存療法には薬物療法、理学療法、運動療法、神経ブロック療法などの選択肢があります。手術をした場合、手術で圧迫を取り除くことにより、障害されていた神経の働きが元通りの正常な状態に戻る力を持っていなければ、しびれなどの症状が残ってしまいます。さらに、手術をしても、年齢を重ねていくうちに再発する可能性もゼロではありません。

今日は、マインドパワーの1回の施術で、脊柱管狭窄症の手術後の患者さんに起こった変化です。

ある70代の男性、10年ほど前に脊柱管狭窄症に対し手術をおこなわれました。手術をする前から、足の指に麻痺が出てしまい、その麻痺は手術をした後も変わらず、歩くときに下肢に力が入らないということでした。また、最近になりお尻から太ももにかけてしびれが出るようになったそうです。

早速、椅子に腰かけていただき、頭からお尻まで臓器をチェックしながら、手のひらに痛みや刺激感、圧迫感など反応を強く感じるところで手をとめて、その反応がスッキリと変化するまでエネルギーを送ります。男性の場合、自律神経、心臓、腎臓、腸などの負担が、主な原因となっていました。

一度全身の反応が変化したので、廊下を歩いていただくと、「治療前にあった下肢のしびれが今はありません。」とおっしゃいました。

もう一度全身の反応を変化させ、廊下を歩いていただくと、太ももが高くあがるようになり、ご本人も一緒に付き添っておられたご家族も認めるほど、足取りが軽くなっていらっしゃいました。

「しばらくすると症状がもとに戻るかもしれませんが、1回の施術でこれだけ変化をするということがとても大切です。この変化を積み重ねていけば、きっとよくなりますよ。」とお話ししました。

マインドパワー(エネルギー療法)は、気の流れを整えることで、ご自身本来が持つ自然治癒力を高める治療法とも言えるでしょう。薬も使わずに、短い診察時間の中で、殆どの場合確かな変化を起こせることも特徴です。パワーの治療は、痛みどりを得意とするので、整形疾患にはとても効果的です。辛い痛みなどの諸症状でお悩みの方には、手術を考える前に試していただきたいですし、整形外科のドクターにこそ活用していただくと、治療の幅がさらに広がると思います。

ブログランキングに参加しています。

応援クリックをお願いします。励みになります!

書籍紹介

マインドパワーの真髄を学びたい人にはこの一冊

「生きて 愛して 笑って」 (画像をクリック☟)

IMG_20150921_105618                                                                                                全360ページ 1944円(税込)        
ジュンク堂、紀伊国屋など全国各地の書店で好評発売中
郵送をご希望の方はこちらから

電子書籍の販売が始まりました!

マインドパワーの真髄が書かれた『生きて 愛して 笑って』

パワーの極意が詰まった『KUNIKO METHOD 未来はあなたの手の中』

医学的な見地からパワーによる改善治癒30症例を掲載した『ふたりの女医の挑戦』

いずれも日本語版、英語版となって配信されています。

さらに『生きて 愛して 笑って』の映像・音声入りの書籍も予約受付となっています。

ご注文、ご予約はこちらから

 

お問い合わせはこちらから

   お問い合わせフォーム

太陽の丘クリニック公式ブログ☟

   http://taiyonooka-clinic.com/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする