痛みなく生きること、諦めていませんか!?

ブログランキングに参加しています。皆様の応援クリックが励みになります!

acorns-3535510_960_720

皆さんは、痛みを抱えて生活しておられないでしょうか?

痛みは一生付き合っていくものだと、諦めていないでしょうか?

全ての病気は、ご自身が創り出したものであり、痛みであっても原因は自分の中にあります。痛みは身体・心・魂からのSOSのメッセージなのです。けれど、「痛みは私へのメッセージでした」「あの痛みがあったからこそ、人の痛みがわかるようになりました」と感謝できるようになるのは、痛みを克服してこそだと思います。

どんな痛みも煩わしいもので、痛みがあるとネガティブな感情を生じやすくなり、痛みを抱えて暮らしていると、知らず知らずのうちに愚痴や不満も増えてくるものではないでしょうか。それが激痛になればなおのことで、心は虚ろになり、今を楽しむとはほど遠く、「とにかく何でもいいからこの痛みを取ってほしい」と思うことでしょう。痛みが続き日常生活に支障をきたすようになれば、「どうして私が…」「何か悪いことをしただろうか…」など悶々と考えてしまうかもしれません。

辛い痛みがあれば、薬にたよってしまうのは仕方のないことだと思います。ただ、痛み止めの薬は最初はよく効くかもしれませんが、漫然と継続していると、今度は薬の副作用で返って臓器に負担をかけ、慢性化を促すことになります。医学的にも、痛み止めが交感神経を緊張させたり、血流障害を引き起こし、そのことが痛みを起こす原因となることが知られています。また、症状を訴えるたびに薬が増え、毎日たくさんの薬を飲んでおられる方もいらっしゃいます。

そんな中、マインドパワー(ハンドヒーリング)の施術では、薬も使わずに痛みを取ることができます。また、マインドパワーは人間本来が持っている癒しの能力であり、自らがその力を使って人の痛みを取る中で、自分の痛みが消えていきます。

今日クリニックにおこしになった女性。14年間も続くの股関節の痛みがありましたが、パワーに出合い痛みから解放されました。それから10年以上たった今も全く痛みはないそうです。ご家族が「私は14年間も痛みを我慢することなんてできません。」とおっしゃっていましたが、私もその14年間を思うと切なくなりました。今、女性が痛みのない生活ができて本当に良かったと思います。

もしあなたが痛みなく暮らせているとしたら、それは奇跡です。私たちは当たり前のことに感謝を忘れがちになってしまいますが、”平凡こそ奇跡”、痛みなく健康に生きていられることにお陰様の気持ちを持ち続けていたいと思います。

もし、辛い痛みに悩んでおられる方がいらっしゃれば、マインドパワーの施術を納得いくまで何度でも試してほしいと思います。施術の効果は、痛みの程度によるのではなく、痛みが取れた時のあなたの反応にかかっているといっても過言ではありません。もし、一瞬でも痛みが取れたことに心から感謝できるなら、あなたの痛みもきっとよくなる…そう思います。

書籍紹介

  • 臨床心理学から見たエネルギーヒーリング

幻冬舎より第2弾。心理学の世界からマインドパワーについて解析!

カバー.pdf_page_1

全206ページ 1620円(税込)

全国大手の書店やアマゾンなど種々のウェブストアで発売中 郵送をご希望の方はこちらから

  • 「意識のめざめ~私が人生で知りたかったこと」

幻冬舎より発売 運命はこんなにも簡単に変わる!

61WFqY4O9+L__SX334_BO1,204,203,200_
全264ページ 1512円(税込)

全国大手の書店やアマゾンなど種々のウェブストアで発売中 郵送をご希望の方はこちらから

  • 「生きて 愛して 笑って」

マインドパワーの真髄を学びたい人にはこの一冊

IMG_20150921_105618

全360ページ  1944円(税込)        
郵送をご希望の方はこちらから

  • 「意識を変えると運命は変わる」

マインドパワーを手にし、病を克服し、運命を変えた約200人による寄稿集。パワーを手にして臨床現場で生かす医師8名の記事も掲載。

意識を変えると運命が変わる表紙ブログ

全220ページ  1188円(税込)        
郵送をご希望の方はこちらから

お問い合わせは・本の注文はこちらから

   お問い合わせフォーム

太陽の丘クリニック公式ブログ

福岡市の郊外にある太陽の丘クリニックは、豊かな自然に囲まれた癒しのクリニック。必要な検査や投薬は行いながら、西洋医学をベースに患者さん本来が持つ自然治癒力を高める診療を目指しています。遠方から来られる患者さんのためにも土日・祝日も診療を行っています。http://taiyonooka-clinic.com/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする