幻冬舎ルネッサンスアカデミーで紹介されました

ブログランキングに参加しています。皆様の応援クリックが励みになります!

本写真

先日、”本物”の専門知識を読者に届けるとしている『幻冬舎ルネッサンスアカデミー』というサイトで、2013年12月末に愛育社より出版された『ふたりの女医の挑戦~マインドパワーに魅せられて』が2018年3月6日の日付で紹介されていることを知りました(紹介記事)。

サイトの目的ついて、以下のような説明がしてありました。

このサイトについて

昨今、学術書を扱う出版社や書店が減少し、出版助成金も削減されたことで、多くの学会や研究者が成果を発信する機会を失っています。
出版市場の流行は著しく、SNSにおける著者の話題性や、メディア出演歴、過去の重版実績などから、“売れる”可能性ばかりを重視して本を作る出版社の増加に、危機感を感じております。
どのような専門領域も「分かりやすく伝える」「伝えたい気持ちを形にする」という当社の理念を昇華すべく、本プロジェクトを立ち上げました。

そして、ふたりの女医の挑戦の概要を以下のように紹介してくださっていました。

概要

西洋医学と東洋医学ともいえるハンドヒーリング(マインド・パワー)を組み合わせた新しい医療を目指す著者たち。どんな治療法も、知らなければ選択することができず、マインド・パワーについても、多くの人たちに理解してもらえるよう、その全容が紹介されている。

目次
第1章 わたしたちとマインド・パワー
第2章 意識を変えるマインド・パワー
第3章 マインド・パワーとは!
第4章 マインド・パワーの実践
第5章 補完医療…新しい医療の今
第6章 マインド・パワーとセルフメディケーション、そして統合医療
第7章 患者さんからの反響
終わりに 「共に病と闘おう」

このように取り上げていただいていたことを知らなかったので、偶然見つけてとても感動しました。この本は、私たち医師が治した症例ではなく、マインドパワーの創始者である野中先生やプロの施療士の方々の施療を受け、患者さんご自身たち自らがパワーによって乗り越えた改善・治癒症例を医学的データを示しながら客観的にまとめたものです。

本の前半では、マインドパワー(ハンドヒーリング)の施術方法や医学的な位置づけ、実際の診療での活用法など解説しています。

後半では、悪性グリオーマや肺がんなどの悪性腫瘍、統合失調症やうつ病など心の病、脊髄小脳変性症・後縦靭帯骨化症・網膜色素変性症など国の難病、膠原病やリウマチ、動脈開存症や骨形成不全症などの先天性疾患、糖尿病などの慢性疾患、アレルギー疾患など多岐の領域にわたる改善・治癒症例30例を、医学的データとともに提示しています。

医療者の方はもちろん、医学的知識を持たない方にもわかりやすい内容となっています。サイトで書いてくださっているようにどんな治療法も知らなければ選択することはできません。ぜひ多くの方に読んでいただきたいと思います。出版から5年が経過しており、各種ウェブストアでは取り扱いがないところもありますので、郵送をご希望の方は下記のお問い合わせフォームを通してご注文いただけます。

お問い合わせは・本の注文はこちらから☟

   お問い合わせフォーム

ところで、私はマインドパワーを取得して7年になります。パワーを取得した当時は医師として11年目。夢であったアメリカ留学を終え、専門医と博士号を取り、『これからも経験を増やし、診断能力を磨き、優秀な臨床医になりたい』と意気込んでいた矢先、まさか西洋医学以外の治療法を学ぶことになるとは思ってもみませんでしたし、興味もありませんでした。

共著である後藤先生の紹介で、初めて野中先生の施療現場に訪れた際の衝撃は今でも忘れません。医学的知識を持たない方が、自分たちで痛みを取り、熱を下げ、お互いに癒しながら生活している。現代医学では一生付き合っていく、或いは治らないとされる疾患が治っている現実…『時代はここまで進歩していたんだ。私がこれまで学んできたことは何だったんだ。このままでは医者が要らなくなる時代が来る。』と複雑な気持ちと焦りすら覚えたことを思い出します。

けれど誰も嘘は言っていない、目の前で起こっている奇跡的変化…。『患者さんの役に立つのなら、よくわからないけれどやってみよう』そんな軽い気持ちでのスタートでした。

それが、実際にパワーを使ってみたら、帯状疱疹やがんの骨転移の痛み、20年来の難治性痒疹のかゆみが自分の手で取れ、頭痛・耳鳴り・痺れ・視力障害など様々な症状が取れることを経験し、常識や価値観が180度変わり、まさにパラダイムシフトが起こってしまいました。

7年間変わらぬ姿勢で続けてこれたのは、これが与えられた知識ではなかったからです。全て自分が実践を通して経験したこと、その経験が揺るぎない確信に繋がっています。最近では、パワーを手にするドクターも7年前に比べるとずっと増えてきました。3月に発刊された『意識を変えると運命が変わる』では、8名の医師達がパワーを使った臨床経験を通して、それぞれの見解を述べています。

先日も今年の3月か4月にパワーを取得された産婦人科の女性の先生にお会いしました。私より5年程先輩でした。パワーを手にされるのは、長年臨床経験を積んだドクターが多いのですが、それは臨床経験を積むからこそ、西洋医学の限界や医療の現実を知るからでしょう。心あるドクターであれば、どうにもならない現実にジレンマを抱えているはずです。その中で、妥協点を見出したり、日々の忙しさに追われ、いつしか目の前の雑務をこなすようになっているかもしれません。

マインドパワーは、その限界に風穴を開ける治療法だと考えます。そして、自分の手で患者さんが蘇っていく感動は何事にも変えがたく、その感動で一番癒されるのは他でもない自分自身です。パワーは、患者さんの自立を促し、現代医療が置き忘れてきた”愛”を取り戻していくための力です。

このように”本物の専門知識”として取り上げていただけたことに心から感謝いたします。

この事実が広く伝わっていきますように…。

ブログランキングに参加しています。

応援クリックをお願いします。励みになります!

書籍紹介

  • 「意識のめざめ~私が人生で知りたかったこと」(画像をクリック☟)

幻冬舎より発売 運命はこんなにも簡単に変わる

61WFqY4O9+L__SX334_BO1,204,203,200_
全264ページ 1512円(税込)

全国大手の書店やアマゾンなど種々のウェブストアで発売中 郵送をご希望の方はこちらから

  • 「生きて 愛して 笑って」(画像をクリック☟)

マインドパワーの真髄を学びたい人にはこの一冊

IMG_20150921_105618

全360ページ  1944円(税込)        
ジュンク堂、紀伊国屋など全国各地の書店で好評発売中 郵送をご希望の方はこちらから

  • 「意識を変えると運命は変わる」(画像をクリック☟)

マインドパワーを手にし、病を克服し、運命を変えた約200人による寄稿集。

パワーを手にして臨床現場で生かす医師8名の記事も掲載。

意識を変えると運命が変わる表紙ブログ

全220ページ  1188円(税込)        
郵送をご希望の方はこちらから

 

太陽の丘クリニック公式ブログ☟

福岡市の郊外にある太陽の丘クリニックは、豊かな自然に囲まれた癒しのクリニック。必要な検査や投薬は行いながら、西洋医学をベースに患者さん本来が持つ自然治癒力を高める診療を目指しています。遠方から来られる患者さんのためにも土日・祝日も診療を行っています。http://taiyonooka-clinic.com/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする