エネルギー療法によるIgA腎症の克服!

ブログランキングに参加しています。皆様の応援クリックが励みになります!

IMG_20170621_090527ブログ

慢性糸球体腎炎(慢性腎炎)は、蛋白尿や血尿が長期間(少なくとも1年以上)持続するものをいいます。慢性糸球体腎炎は、さまざまな病気の総称であり、腎臓病の中で最も多いものとして知られています。その中のIgA腎症は、小児における慢性糸球体腎炎の半数をしめます。

国の難病(特定疾患)にも指定されており、お子さんがIgA腎症と診断され、将来の不安を抱えていらっしゃる親御さんもいるのではないでしょうか。けれど、”難病”とはあくまで現代医学の範疇で規定されたもの、人間の自然治癒力は無限の可能性を秘めています。

今日は、エネルギー療法によるIgA腎症の治癒例のご紹介です!!

症例 20代 男性

12歳の時に血尿、蛋白尿が陽性となり、総合病院でIgA腎症と診断されました。高校1年生時に、扁桃腺の摘出手術とステロイドパルス療法をおこなわれました。医師の忠告で病状の悪化を避けるために、運動をすることができませんでした。風邪やインフルエンザにかかると腎炎の症状が悪化しました。

母親が、本人が21歳の時にマインドパワーを手にし、毎日のようにパワーを通しました。2週間に1回のマインドパワーの施療も受け、1年後に病院を受診した際には、血尿、蛋白尿ともに陰性となり医師から「完治」と診断され、病院の診察が終了となりました。今では運動をすることも出来る様になり、元気に過ごしています。

IgA腎症とは、腎臓の子宮体にIgAという免疫グロブリンのタンパクが沈着している慢性の腎炎で、国の難病(特定疾患)にも指定されています。慢性糸球体腎炎の中では一番頻度が高く(40%以上)、腎性の高血圧をきたし、30~40%が腎不全におちいっています。

原因は不明であり、治療法は確立されていませんが、食事療法(減塩、蛋白制限)にくわえて血圧のコントロール、抗血小板薬、ステロイドの内服などが一般的です。最近になり扁桃腺摘出とステロイドパルス療法の併用が有効であるという報告もあります。

男性は「将来透析になるかもしれない」と不安を抱えており、病気を治すことを諦めていました。しかし、定期的にマインドパワーの施術を受け始めて一年後には、医師より完治・終診の診断を受けました。本症例では、当初は高血圧症の診断もありましたが、血圧も正常になりました。

本人のコメントです。「マインドパワーに出会えたおかげで病気が完治し、将来に対する不安がなくなりました。とても感謝しています。」と言われています。今では社会人として活躍している男性、通常は慢性で経過するはずの病気が完治をしたこと、さらに食事を気にせず、運動も自由にできるようになったことは素晴らしいことだと考えます。

書籍紹介

  • 「難病に挑むエネルギーヒーリング」

ブログ 本

全234ページ 1620円(税込)

全国大手の書店やアマゾンなど種々のウェブストアで発売中

  • 「意識のめざめ~私が人生で知りたかったこと」

幻冬舎より発売 運命はこんなにも簡単に変わる!

61WFqY4O9+L__SX334_BO1,204,203,200_
全264ページ 1512円(税込)

全国大手の書店やアマゾンなど種々のウェブストアで発売中 郵送をご希望の方はこちらから

  • 臨床心理学から見たエネルギーヒーリング

幻冬舎より第2弾。心理学の世界からマインドパワーについて解析!

カバー.pdf_page_1

全206ページ 1620円(税込)

全国大手の書店やアマゾンなど種々のウェブストアで発売中 郵送をご希望の方はこちらから

  • 「生きて 愛して 笑って」

マインドパワーの真髄を学びたい人にはこの一冊

IMG_20150921_105618

全360ページ  1944円(税込)        
郵送をご希望の方はこちらから

  • 「意識を変えると運命は変わる」

マインドパワーを手にし、病を克服し、運命を変えた約200人による寄稿集。パワーを手にして臨床現場で生かす医師8名の記事も掲載。

意識を変えると運命が変わる表紙ブログ

全220ページ  1188円(税込)        
郵送をご希望の方はこちらから

お問い合わせは・本の注文はこちらから

   お問い合わせフォーム

太陽の丘クリニック公式ブログ

福岡市の郊外にある太陽の丘クリニックは、豊かな自然に囲まれた癒しのクリニック。必要な検査や投薬は行いながら、西洋医学をベースに患者さん本来が持つ自然治癒力を高める診療を目指しています。遠方から来られる患者さんのためにも土日・祝日も診療を行っています。http://taiyonooka-clinic.com/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする