幸運の女神には前髪しかない!

leaves-57427_960_720

以前ご紹介した長野にお住いの女性、Kさん。Kさんは、4年前に多発性筋炎とそれに伴う間質性肺炎を発症しました。ステロイドや免疫抑制剤の投与をおこなわれましたが、時に間質性肺炎が増悪し、入退院を繰り返していました。さらに今年になって脊柱管狭窄症の症状の悪化、腰椎圧迫骨折による胸部の圧迫感に悩まされるようになりました。

ご主人が10年前からマインドパワーを手にしておられましたが、病気をするまでは必要性を感じていませんでした。しかし、今年になっていよいよ西洋医学に限界を感じたKさんは、6月末にマインドパワーを取得しました。

過去記事:エネルギー療法による間質性肺炎、脊柱管狭窄症の改善!

IMG_20170708_171630ブログ

その後週1回の遠隔での施療を受け、一昨日久しぶりにクリニックを受診されたKさん。6月末にクリニックを受診された際は、杖をついていらっしゃいましたが、今回は杖なしで受診をされました。以前あった背中の痛みは消失しており、背筋が伸びておられました。全身の倦怠感やステロイドの副作用による満月様顔貌(まんげつようがんぼう)も改善しており、自分でも「人相が変わってきた。すごいと思う」と喜んでおられました。

6月は、ご主人に付き添われて福岡におこしになりましたが、今回は長野からはるばる一人で来られたというから驚きでした。

間質性肺炎も経過が順調であるので、ステロイド(プレドニン®)が11㎎から10㎎へ減量となり、9月の定期健診では2種類の抗生剤の内服(計6錠)が中止になったそうです。それまで抗生剤がにがくて食欲がなくなっていましたが、薬が中止になったことで食欲もでるようになりました。

Sさんは、毎日ご主人とお互いにパワーをかけあっているそうです。他にも、親友にパワーを使ったところ「身体が軽くなった」と喜ばれたり、別の友人の膝の痛みを取ってあげたり、お孫さんの蓄膿症(慢性副鼻腔炎)を治そうと毎日パワーを送ったり…と、さまざまな実践報告をしてくださいました。

マインドパワーを手にし、身体が元気になっていかれることで、3ヵ月半前よりも明らかに笑顔が増えておられました。Kさんが元気になって誰よりも喜んでいるのは、ご主人だと思います。ご主人の10年ごしの思いが叶って本当によかったです。

一方、こんな方もいらっしゃいました。あるリウマチの女性、ご主人がマインドパワーを持って家族や知人を癒していましたが、10年間いっさい見向きもしませんでした。その間、女性は精神世界を探求し、様々なエネルギー療法を学んだり、スコットランドにあるフィンドホーンに行ったり、「見えない世界にどれだけ費やしたかわからない」と自身でおっしゃっっていました。しかし、昨年よりリウマチが悪化し薬が必要となり、ご主人が今年天寿を全うされた数か月のちに、ようやく気づいてマインドパワーを手にされました。9月にお会いした際には「最期に行き着いた本物だと思います。これからのライフワークです。」とお話をされていました。天国のご主人も喜んでおられると思いますが、できることなら、ご主人が元気なうちにパワーを手にされ、Kさんご夫婦のようにお互いに癒せたのなら人生もまた違ったものになっていたのでは…と思わずにはいられませんでした。

夫婦で同じ価値観で人生を歩めるって素敵なことだと思います。これからもKさんが、ますますお元気になられることを願っています。

 

「生きて 愛して 笑って」 第7章 私たちは永遠の旅人 より

『幸福の女神の前髪』という話を思い出します。

幸せの女神の前髪はとても長く、しかし、後ろ髪はない。せっかくやって来た目の前のチャンスを、掴むべきか掴まざるべきかとあなたが優柔不断である時、幸福の女神は、スタスタと目の前を通り過ぎていく。迷いに迷った揚句、やっぱり掴もうと慌てて手を差し出してみても、時既に遅く、幸福の女神の後ろ髪は掴めない。こうしてせっかく訪れたチャンスをあなたは何度も逃がしてしまっている。

神は一生のうちに、誰にでも平等に、同じ数だけのチャンスを与えています。まさに小才・中才・大才という言葉があるがごとく、我々はそのチャンスをいかに掴むか否かによって、運命を大きく変えていくこととなります。小才とは縁を縁として知らず、縁を生かすことができない。中才とは縁を縁として知ったにも拘らず、その縁を生かし切れない。大才とは縁を縁と知り、その縁を最大に生かす。その意味では、たった一度の縁でマインドパワーを手にした私は、差詰め大才であったと言えるのかもしれません。

今、私自身のことを振り返れば、私はいつだって躊躇することなく、女神の前髪を何度でも掴んできたような気がします。そして、意に染まなかったら、その都度手を離し、良いものだけを取り入れてきたように思います。人を信じない者は、実は自分さえも信じてはいないものなのですが、その意味では、私は私の感性を信じていたと言えるのかもしれません。

このパワーに慣れ親しみ、使い続けてもう二十四年が過ぎました。私にとってパワーとは二十四年が過ぎた今も、日々新鮮であって、自らが起こす奇跡に未だ慣れることができません。コーヒーの味かえ一つにしても、今でも驚きと感動を持ち続けていられるのは、見えない世界の見えない意識と常に向き合い、その意識を肌で感じ、片時もそこから意識を外さないでいられるからかも知れません。まさに今も『何ごとの おはしますかは知らねども…』の、その心境のままにあります。…

かつて若き日、人生に意味を求めながら、無知・無明の中で過ごす季節はあまりに辛く切ないものでしたが、求めてやまぬ強い求道心だけは誰にも負けず、その願いが天に届き、私は今生で神との遭遇を果たしました。二十四年も前に手にしたマインドパワーは、目には見えぬもう一つのリアルな世界の存在を私に教えました。計らずもその体験が私が霊性の道を歩むきっかけとなりました。霊性の道とは覚者への道にも通じ、意識が目覚め、人生の意味を知った私は今、生きることがとても楽になりました。

無明の中でもがき苦しむ目の前の友の姿に、かつての私の姿を重ねて見る時、このパワーの世界にこそ、光明を見出すその答えがあると、一刻も早くそれを伝えたいと、日々逸る心を抑えながら実践の手を緩めることはありません。

ブログランキングに参加しています。

応援クリックをお願いします。励みになります!

書籍紹介

マインドパワーの真髄を学びたい人にはこの一冊

「生きて 愛して 笑って」 (画像をクリック☟)

IMG_20150921_105618                                                                                                全360ページ 1944円(税込)        
ジュンク堂、紀伊国屋など全国各地の書店で好評発売中
郵送をご希望の方はこちらから

お問い合わせはこちらから☟

   お問い合わせフォーム

太陽の丘クリニック公式ブログ☟

福岡市の郊外にある太陽の丘クリニックは、豊かな自然に囲まれた癒しのクリニック。   必要な検査や投薬は行いながら、西洋医学をベースに患者さん本来が持つ自然治癒力を高める診療を目指しています。遠方から来られる患者さんのためにも土日・祝日も診療を行っています。http://taiyonooka-clinic.com/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする