病気を治したり、問題を解決するこつは忘れること

IMG_20170425_173930ブログ

生きていると、いいこと、悪いこと、嬉しいこと、悲しいこと、いろいろなことが起こります。といっても目の前の事象をどう受け止めるかは、本人次第であり、すべての出来事はご自身が創り出しているものです。そして、起こることにはすべて意味があって、より幸せになるためのプロセスなのですが、起こったことに一喜一憂し、ネガティブな感情に捉われていては、負の連鎖に入ってしまい、なかなかにプラスに転じていきません。

病気であっても、家族や周囲との確執であっても、仕事のトラブルであっても、今目の前にある問題に執着しないことは、とても大切です。目の前の問題や壁を打破する”こつ”は、取りあえずそのことは横に置いておいて、今この瞬間を懸命に誠実に生きることだと私は思っています。

クリニックに受診をされる患者さんの中にも、症状にとらわれ、症状のことばかり考えていらっしゃる方がいます。中には、医学的には病的ではないのに、ご自身が気にし過ぎていることもあります。もちろん、症状の辛さは十分に理解できるのですが、患者さんによくなっていただくために、あえて『症状にばかり目を向けずに、自分が夢中になれることや楽しいことをして、今この瞬間に目を向けていただいたり、自分が輝くための努力をしていただく』アドバイスをしています。そして、実際にアドバイスを受け入れて下さり、思考・行動パターンが変った方は、長年の症状であっても間違いなく良くなっていかれます。

ところで、マインドパワーは、思考・言葉・行動のパターンを変える強力なツールでもあり、今この瞬間を生きるツールでもあります。私はマインドパワーを手にしてちょうど6年になりますが、6年前と変わらず人の痛みが取れた時の感動は色あせることがません。

パワーを使って、病気を忘れて目の前の人をワクワクしながら癒していると、自然治癒力が高まり、気づけば痛みがなくなっていたり、身体が軽くなっています。そして、人を癒して自分が癒される、人によいことをするとそれがブーメランのように戻ってくるという宇宙の法則の中で、振り返ってみると病気が快方へ向かい、不思議と問題が片付き、確執が消えていきます。

人間は誰でも宇宙と繋がっており、宇宙とのパイプの詰まりが病気を引き起こすと言われるドクターもいらっしゃいます。マインドパワーは、人間が持っている潜在能力の一部です。パワーを手にする=つまり潜在能力のスイッチがオンになり自由に宇宙のフリーエネルギーが使えるようになると、宇宙とのパイプがより太くなり、その太いパイプの中で循環を起こしていくと、どんな夢や願いも叶っていくのだと思うようになりました。

あるのは今この瞬間しかなく、未来はこの瞬間の積み重ねです。

過去を後悔しても、未来を憂いても何も始まりません。

目の前の問題をあえて忘れて、今を生きてみましょう。

きっと違う明日が待っています。

ブログランキングに参加しています。

応援クリックをお願いします。励みになります!

書籍紹介

マインドパワーの真髄を学びたい人にはこの一冊

「生きて 愛して 笑って」 (画像をクリック☟)

IMG_20150921_105618                                                                                                全360ページ 1944円(税込)        
ジュンク堂、紀伊国屋など全国各地の書店で好評発売中
郵送をご希望の方はこちらから

電子書籍の販売が始まりました!

マインドパワーの真髄が書かれた『生きて 愛して 笑って』

パワーの極意が詰まった『KUNIKO METHOD 未来はあなたの手の中』

医学的な見地からパワーによる改善治癒30症例を掲載した『ふたりの女医の挑戦』

いずれも日本語版、英語版となって配信されています。

さらに『生きて 愛して 笑って』の映像・音声入りの書籍も予約受付となっています。

ご注文、ご予約はこちらから

 

お問い合わせはこちらから

   お問い合わせフォーム

太陽の丘クリニック公式ブログ☟

   http://taiyonooka-clinic.com/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする