エネルギー療法による食物アレルギーの改善;体質は変えられる!

gahag-0061959987-1

あるお母さんから、保育園でお子さんごとに合わない食材(食物)が掲示板に貼り出されているという話をお聞きし、「時代が変わったんですね!?」と驚いてしまいました。。私が子供の頃は、”食物アレルギー”という言葉は聞いたことがなく、同じクラスにも食事に制限が必要な方はいなかったように記憶しています。またあるお母さんは、お子さんが食物アレルギーでアナフィラキシーを起こすことがあるため、常にエピペン(ショックを防ぐ注射)を持参させていると話してくださいました。

文明の発展に伴い、アレルギー疾患は増えています。その背景には、食生活の変化、抗生剤の多用、住環境の変化、夜型の生活が増えることで自律神経のバランスが崩れる、清潔な環境で育ちすぎるので免疫が十分に発達しない、などの要因が挙げられます。

通常食べ物は、異物として認識されず、免疫反応をおこさずに栄養として吸収されますが、食べ物を異物として認識されてしまうことがあります。そのため起こるアレルギーが「食物アレルギー」です。眼・鼻・のど・肺・皮膚・腸などにさまざまな症状が現われます。中でも、アナフィラキシーを起こすと、急な血圧低下や意識低下がみられることもあり、これはとても危険な状態です。

通常、成長にともなって消化・吸収機能が発達してくると、原因食物を食べられるようになる可能性が高くなります。

食物アレルギーのお子さんを持つお母さんは食事制限のストレスもあり、不安も付きまとうものでしょう。以前、マインドパワー(エネルギー療法)によって、息子さんの食物アレルギーを克服したお母さんのお話をご紹介しました。

エネルギー療法によるアトピー性皮膚炎・食物アレルギーの克服

また、他県にお住いのお母さん。4歳になるお子さんの食物アレルギーをなんとかしたいと願っていました。お子さんは、ご飯(米)やパンを一口食べても湿疹が出てしまい、アメをなめても湿疹が出るので常に目が離せなかったそうです。しかし、お母さんがマインドパワーを取得して3か月も経つとご飯をお茶碗半分、パンも二分の一食べても湿疹がでなくなりアメを食べても大丈夫になったそうです。

アレルギーをお持ちの方は、大人や子供に関わらず、自律神経や腸に負担がかかっていることが多いです。マインドパワーの治療は、負担のかかっている臓器にエネルギーを送ることで、体質を変えていくものです。また、特にお母さんとお子さんは繋がっていますので、お母さんの心の状態がお子さんの健康状態に影響を与えます。お母さんが精神的に安定し、ゆったりと愛情いっぱいお子さんを包んであげられるようになると、間違いなくお子さんは改善していきます。

食物アレルギーであっても必要以上に恐れることはありません。

体質は変えられるのです。

ブログランキングに参加しています。

応援クリックをお願いします。励みになります!

書籍紹介

マインドパワーの真髄を学びたい人にはこの一冊

「生きて 愛して 笑って」 (画像をクリック☟)

IMG_20150921_105618                                                                                                全360ページ 1944円(税込)        
ジュンク堂、紀伊国屋など全国各地の書店で好評発売中
郵送をご希望の方はこちらから

電子書籍の販売が始まりました!

マインドパワーの真髄が書かれた『生きて 愛して 笑って』

パワーの極意が詰まった『KUNIKO METHOD 未来はあなたの手の中』

医学的な見地からパワーによる改善治癒30症例を掲載した『ふたりの女医の挑戦』

いずれも日本語版、英語版となって配信されています。

さらに『生きて 愛して 笑って』の映像・音声入りの書籍も予約受付となっています。

ご注文、ご予約はこちらから

 

お問い合わせはこちらから

   お問い合わせフォーム

太陽の丘クリニック公式ブログ☟

   http://taiyonooka-clinic.com/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする