医療の枠から外れて患者さんの命と向き合う

dahlia-dahlia-174239_960_720

ブログでは、宇宙のこと、魂のこと、心のあり方に関することなど、医学的でない記事を書くことも多くあります。医者ならもっと医者らしく理論的に、科学的なことを書くべきだと思う方もいるかもしれません。けれど、医学というものは広い世界、あるいは宇宙の営みにおいて、ごくごく小さな一領域に過ぎないのです。

私たち医師は、ともすれば医者であること、あるいは医学が全てになってしまい、その医学に人生のエネルギーを没頭させることも少なくないように思います。しかし命の神秘は、とうてい人智の及ぶものではなく、杓子定規でとらえられるものでもなく、そのことを踏まえて目の前の尊い命と向き合うことが大切ではないでしょうか。

医者になるレールの中で、私たちは一定の方向へと教育されていきます。洗脳とも言えるかもしれません。西洋医学の素晴らしさは十分に理解していますし、西洋医学でなければ、命救われない方々も大勢いらっしゃいます。しかし、西洋医学だけが全てだと思っていたら、命の本質には到底たどり着くことはできないでしょう。医学がこれほどまでに進歩し続けてなお、病気になる人は後を絶たず、新たな病気も増え続けているのは、西洋医学(現代医学)が命の本質、根幹からずれているからだと言えないでしょうか。

西洋医学は、身体を細分化し、局所の症状に目を向け掘り下げていくものです。大学時代から西洋医学に身を投じる中で、私自身気づけば表面的で枝葉末節でしか物事を捉えることができなくなっていたように思います。

患者さんには、当然それぞれの家族があり、生活があります。幸せのあり方も人それぞれです。百人いれば百通りの生き方があり、同じ病気だからといって、画一的な治療を押し付けることは違うように思います。また人間の本質は魂あるいは意識であり、それぞれ魂の願いを持って生まれています。それら全体を包含しなければ、真に病気を癒すことなどできないのではないでしょうか。

私は6年前の春、マインドパワーに出会いました。難病や慢性疾患など治らないと思っている病気が癒えていること、医学的知識も何も持たない方々がいとも簡単に痛みを取り、互いに癒している現実に衝撃を受けました。自分がこれまでしてきたことは何だったんだろう…多少の戸惑いもありました。患者さんの役に立つならと深く考えずに手にしたパワーですが、実際に患者さんに使っていく中で、その驚くべき効果を自分の手で実感していきました。医師としての常識や価値観、優先順位がすっかりと変わってしまいました。西洋医学が全てだと思っていましたが、自分はほんの小さな針の穴から患者さんを診ていたことに気づくことができました。

パワーの実践をすればするほど、想像だにしなかったあまりに深淵なる世界が広がっていました。マインドパワーは、眠っている95%の能力を呼び起こすツールでもあります。宇宙には意思があり、意識があること、全てのことは宇宙との関わりにおいて成り立っていることを知りました。見えない世界と見える世界、その両方に生きられる今を唯一無二のかけがえのない人生だと思っています。

私は有名でも優秀でもない、無名の医師です。だとしても、医療設備や医療資源の何一つないどんな環境でも、患者さんの痛みを取ることができます。自分の手で患者さんの諸症状を緩和し、意識に訴えかけ病気の治療をしていくことができます。そのことが今は誇りです。

明日も明後日もこれからも、目の前の命に誠実に向き合っていきたいと思います。

ブログランキングに参加しています。

応援クリックをお願いします。励みになります!

書籍紹介

マインドパワーの真髄を学びたい人にはこの一冊

「生きて 愛して 笑って」 (画像をクリック☟)

IMG_20150921_105618                                                                                                全360ページ 1944円(税込)        
ジュンク堂、紀伊国屋など全国各地の書店で好評発売中
郵送をご希望の方はこちらから

お問い合わせはこちらから☟

   お問い合わせフォーム

太陽の丘クリニック公式ブログ☟

福岡市の郊外にある太陽の丘クリニックは、豊かな自然に囲まれた癒しのクリニック。   必要な検査や投薬は行いながら、西洋医学をベースに患者さん本来が持つ自然治癒力を高める診療を目指しています。遠方から来られる患者さんのためにも土日・祝日も診療を行っています。http://taiyonooka-clinic.com/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする