最高の親孝行:ハンドヒーリングによるてんかんの治癒

blog_import_576f2b1494698

『親よりも先に死ぬことは一番の親不孝』という言葉がありますが、大切な我が子を亡くされ悲しみに暮れている親御さんたちがどれ程たくさんいることでしょう。今日は、ご自身の病を克服することで、母親を安心させることができ、最高の親孝行ができた女性のお話です。

ある60代の女性、13歳の頃にてんかんを発症し、発作を繰り返すようになり、お風呂、バスの中などで突然気を失ってしまうため、一緒にいるご家族は大変な思いをされていました。成長とともに一旦症状は治まっていたものの、55歳頃から発作が再発してしまいました。そんな時に、マインドパワー(ハンドヒーリング)に出合い、多くの人に実践を重ねる中で、いつしかてんかん発作が起こらなくなり、長年飲んでいた薬も飲まずにすむようになりました。女性は、他にも 

  • アレルギー性鼻炎…いつも鼻づまりがあり                                    
  • 喘息 …吸入器を持ってなければ息苦しくなり眠れない                            
  • 頸椎症…後ろに首をまわせない                                          
  • 不眠症…薬、漢方など様々な治療法を試すが効果なし                                 

といった症状があり、二度と仕事もできない思っていらっしゃったそうですが、全ての症状から解放され、仕事に復帰することもできました。


マインドパワーを手にしたことで、救われたのはご本人だけではありませんでした。ご本人の言葉です。私の母は、私がパワーを持ち、てんかんが治ったことで『一生、薬を飲む必要のある子供に産んでしまった。』いう自責の念から解放されました。毎年誕生日になると、母から『お誕生日おめでとう。』と電話があったのですが、ある時からピタッと止まりました。後でなぜなのか確認すると『もうあなたは、大丈夫だと安心したからです。』と返事が返ってきました。最高の親孝行をすることができました。

マインドパワーは、誰もが持っている癒しの能力。そのスイッチがオンになると、誰でも痛みがわかって取れるようになり、遠く居ながらにして遠隔で大切な人を癒すことができるようになります。病気はすべて自分が創り出したもの。病気を治すためには、その根幹である自身の意識の変革が不可欠です。彼女が、てんかんだけでなく、アレルギー性鼻炎、喘息、頚椎症、不眠症を克服することができたのは、マインドパワーを使い、沢山の人を癒す中で、生き方・考え方が変わり、感動感謝できる心を取り戻すことができたからです。病気を治す鍵も運命を変える鍵も、他の誰でもなく、自分自身が握っているのです。

これからも親子の幸せがずっと続きますように…。

 

ブログランキングに参加しています。

応援クリックをお願いします。励みになります!

書籍紹介

マインドパワーの真髄を学びたい人にはこの一冊

「生きて 愛して 笑って」(画像をクリック☟)

IMG_20150921_105618

全360ページ 1944円(税込)        
ジュンク堂、紀伊国屋など全国各地の書店で好評発売中
郵送をご希望の方はこちらから

お問い合わせはこちらから☟

   お問い合わせフォーム

太陽の丘クリニック公式ブログ☟

福岡市の郊外にある太陽の丘クリニックは、豊かな自然に囲まれた癒しのクリニック。必要な検査や投薬は行いながら、西洋医学をベースに患者さん本来が持つ自然治癒力を高める診療を目指しています。遠方から来られる患者さんのためにも土日・祝日も診療を行っています。http://taiyonooka-clinic.com/

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする