一切副作用なく患者さんを癒す治療法

eha0039-003

日本にも患者さんを救いたくて治療法を模索している心あるドクターは多いと思います。  そんなドクター達に是非知っていただきたいのが、マインドパワー(エネルギー療法)です。

私がマインドパワーに出会ったのは、6年前の春。ちょうど医師になって10年目でした。 恥ずかしい話、その頃は西洋医学に何の疑問も持っておらず、むしろ西洋医学以外の治療法には否定的でした。今では、西洋医学の限界と弊害を知り、患者さんが持つ無限の自然治癒力に目を向けるようになりました。西洋医学の効果と必要性も十分に理解していますが、西洋医学だけでは、真に患者さんを治癒に導くことはできないことを知りました。

マインドパワーは、人間本来が持っている潜在能力の一部。エネルギー伝授を受け、そのスイッチがオンになると、特別な修行をすることなく誰でも自由に人を癒せるようになります。痛みを取ることは最も簡単です。                                         痛み、かゆみ、しびれ、むくみ、歩行困難、耳鳴り、めまい、不眠…どんな症状であってもマインドパワーによる治療方法は同じです。手のひらで全身の臓器の反応を診ながら、反応の強い個所で手を止めて、その反応がやわらかくなるまでエネルギーを送ります。全身の反応がスッキリと変化したら1回の治療は終了です。

西洋医学は、臓器別に細分化されており、局所の症状を抑える治療が行われます。しかし、身体は一つに繋がっており、様々な臓器の負担が最も弱いところに現れているのです。例えば、肩こりは心臓や脾臓、腰痛は腸や腎臓、耳鳴りは自律神経や心臓、目の疲れは心臓というように、内臓の負担が関わっています。

それでは、実際に最近おこなった具体例をいくつか挙げてみましょう。

①ある慢性副鼻腔炎の男の子。1週間前に初めて受診をされました。1週間前は、右の鼻の詰まりを取りました。今日は、左の鼻の詰まりがあるそうです。                           「では、今日は左の鼻の詰まりを取りますね。」と治療を開始。前回に比べ、全身の反応はスッキリとしています。特に自律神経、心臓、腸にしっかりエネルギーを送りました。手のひらの反応が変るので、症状が変化したことがわかります。自覚症状を確認すると「めちゃくちゃ鼻が通るようになった。」と笑顔で帰っていかれました。治療終了までわずか5分。後から伺ったのですが、最初は半信半疑だったそうです。半信半疑でも結果が出るというのがマインドパワーの強みです。

②ある皮膚そう痒症の女の子、局所に強い痒みがあります。先ほどの男の子に比べ、全身に強い反応があり、反応が変化するのも時間がかかり、先ほどの男の子よりも抱えている問題が大きいことがわかります。それでも自律神経→心臓→腸と全身の反応が変化するまでしっかりエネルギーを送ると、かゆみはなくなりました。

③あるアトピー性皮膚炎の男性。1週間に1回の施術を何度か繰り返すと、かゆみが軽減し、以前ほど保湿をしなくてもよい状態を保てるようになりました。以前は香辛料を食べるとすぐにかゆみが出ていたそうですが、パワーの施術を開始してからは、香辛料を食べても皮膚の症状があまり出なかったそうです。「最初は半信半疑だったけれど、実際に効果を実感して感謝をしています。」とおっしゃってくださいました。

マインドパワーの治療法は、副作用が一切ないので、どんな治療とも組み合わせることができます。患者さんは、症状に変化が起こることで笑顔になり、病気が治るかもしれないと希望を持つことができます。

身体一つあれば、薬も使わずに患者さんを癒せる方法。                                       これからはエネルギー医療の時代です。

ブログランキングに参加しています。                          応援クリックをお願いします。励みになります!

太陽の丘クリニック公式ブログ☟

http://taiyonooka-clinic.com/

お問い合わせはこちらから

   お問い合わせフォーム

書籍紹介

マインドパワーの真髄を学びたい人にはこの一冊                         「生きて 愛して 笑って」 (画像をクリック☟)

IMG_20150921_105618                                                                                                全360ページ 1944円(税込)                                          ジュンク堂、紀伊国屋など全国各地の書店で好評発売中                 郵送をご希望の方はこちらから

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする