春の旅立ちを祝して乾杯!

han0265-044

マインドパワー(ハンドヒーリング)は、誰もが持っている癒しの能力。その能力を使って、お子さんの病気を自分の手で治し、守っているお母さん達がたくさんいらっしゃいます。病院に行って薬をもらわなくても、お子さんの熱を下げたり、痛みを取ったり、自分の手でできるのです。今日は、マインドパワーに出会い、実践を継続しながらお子さん達の成長を見守り、導いてこられたお母さんからの声です。

40代 女性

娘は幼少時からひどい慢性鼻炎を患い、匂いが全くわかりませんでした。娘を治したいマインドパワーを取得し、10歳になった娘をはじめてパワーの施療に連れて行くと、たった1回で花の香りがわかるようになり親子で感動しました。その後不安のない生活が送れるようになりました。

中学校に入学後、精神的なストレスから再度鼻炎が出始めた娘は、心身ともに強くなって、大きな祖母の腰痛も治してあげたいとパワーを取得しました。セミナー3ヵ月の間に、娘は実践の宿題にも取り組み、鼻炎がすっかり良くなりました。また祖母の腰痛も改善させることができ、娘は自信をつけて心がさらに強くなりました。

以前は消極的な性格で自分の意見が言えなかったのですが、積極的になり、将来は人のためになる生き方をしたいという高い目標が芽生え、ポジティブ思考に変わりました。勉強も頑張り、娘は希望する高校に特待生で入学しました。いま心から明るく笑って高校生活をスタートできたことに感謝でいっぱいです。

30代 女性

娘は滑脳症という、先天性の脳障害を持って生まれ、生後2ヵ月よりけいれん発作が出るようになりました。生後11ヵ月で手術をし、投薬治療も全て試しましたが改善せず、チアノーゼが出るほどのけいれん発作が日に20~30回出ており、日常生活もままならず、目を開けることや手足を動かすことも困難な状況になり、娘は生きているだろうか?と呼吸をも確認するような日々でした。

娘が4歳半の時にパワーを取得しました。定期的に施療を受け、私自身は実践を継続し、様々な行事に参加した結果、娘の症状は回復し、一生飲み続けるように言われていた薬が10ヵ月で全て外れ、けいれんがほとんどで出なくなりました。たとえけいれんが起きても私の手で止められる確信を得て不安がありません。夫の優しさにも気づけるようになり、今では家族もパワーを取得し、家族円満です。

いま娘は、寝返りができ、声をかければ振り向き、何かを伝えようと声を出します。普通にご飯が食べられること、夜眠れること、皆と学校生活を楽しめること、何よりも今日も元気に生きられること、心から感謝しています。

「私たち大人が子供に見せるのは、生きる真剣なその後ろ姿で十分だと思います。

私は真の教育とは、言葉ではなく、大人たちの生きるその後ろ姿にあると思っています。

そこには多くの言葉は要らず、誠実にして懸命に生きる後ろ姿こそが、

最も豊かな教育になると信じて止みません。」ー野中邦子氏著 クニコ・メソッドより

ブログランキングに参加しています。

応援クリックをお願いします。励みになります!

書籍紹介

マインドパワーの真髄を学びたい人にはこの一冊

「生きて 愛して 笑って」 (画像をクリック☟)

IMG_20150921_105618                                                                                                全360ページ 1944円(税込)        
ジュンク堂、紀伊国屋など全国各地の書店で好評発売中
郵送をご希望の方はこちらから

電子書籍の販売が始まりました!

マインドパワーの真髄が書かれた『生きて 愛して 笑って』

パワーの極意が詰まった『KUNIKO METHOD 未来はあなたの手の中』

医学的な見地からパワーによる改善治癒30症例を掲載した『ふたりの女医の挑戦』

いずれも日本語版、英語版となって配信されています。

さらに『生きて 愛して 笑って』の映像・音声入りの書籍も予約受付となっています。

ご注文、ご予約はこちらから

 

お問い合わせはこちらから

   お問い合わせフォーム

太陽の丘クリニック公式ブログ☟

   http://taiyonooka-clinic.com/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする