宅配とともに愛を届ける宅配屋さん

blog_import_576f2b9543702

静岡県にお住いの60代の男性、宅配の仕事をされています。マインドパワー(ハンドヒーリング)に出会ったのは、8年程前。仕事中に宅配先のお婆ちゃんがパワーを使って痛みを取ってくれたことがきっかけでした。薬も使わずにその場で痛みが取れたことに「なんだこれは? すごい力だ!」と感動して、男性はすぐにパワーを手にしました。

 男性は、もともと不整脈、狭心症などの心臓病がありましたが、パワーに出会い、常に持参していたニトロ(硝酸薬:狭心症の発作止め)も不要になり、今でも元気に宅配の仕事を続けることができています。以前は、経済的な面から生活も苦しかったそうですが、マインドパワーを人のために使っていると、思いもかけない収入があったり、経済や仕事、身の回りのことが思い通りになってきたそうです。

マインドパワーを手にして今日まで、男性は日々変わらぬ姿勢で多くの人を癒しています。宅配先でも困った人がいれば、痛みを取ってさしあげるそうで「僕は一日一回は、神様になるんですよ。」という男性の言葉が忘れられません。

80代のお婆ちゃんの膝の痛みを取ったら、しばらくしてお婆ちゃんが階段をとんとんと降りてきて「あなたは神様ですか?」と聞かれたそうです。またある時は、銭湯で目の前で転倒して頭を打って意識を失った男性にパワーを送り、見事蘇らせることができました。

「痛みが取れて、お客さんに喜んでいただく瞬間や人が幸せになっていく姿を見るのがとても感動的です。」と、男性はうっすらと涙を浮かべて、次のようなお話ししてくださいました。  

「僕は、マインドパワーに出会っていなかったら今頃心臓病で死んでいたでしょう。

そして、この力に出会っていなかったら、自分のような独り身の人間は、寂しい人生を送っていたでしょうね。仕事が終わって、家に帰って、ご飯を食べて、テレビを見て…それで1日が終わりです。お互いを気遣ってくれる仲間もいなかったでしょう。今は、宅配を届けて、ただ”ありがとうございました”と帰るのではなくて、もしお客さんが辛そうにしていたら”痛みを取りましょうか”と聞くことができるんです。膝が痛くて階段が昇れないおばあちゃんにとって、たった1回で階段がのぼれるようになれば、おばあちゃんにとって僕は神様ですよね。

マインドパワーに出会う前は、自分の存在がすごく小さく感じていましたが、今はそんなことは忘れて、パワーを持った仲間たちとワイワイ仲良くやっています。おかげで青春を取り戻すことができました。」

男性がパワーを使う理由はたった一つです。

「相手の笑顔がみたいから」

宅配とともにを届ける宅配屋さん

すてきな人生だと思います。

ブログランキングに参加しています。

応援クリックをお願いします。励みになります!

書籍紹介

マインドパワーの真髄を学びたい人にはこの一冊

「生きて 愛して 笑って」 (画像をクリック☟)

IMG_20150921_105618                                                                                                全360ページ 1944円(税込)        
ジュンク堂、紀伊国屋など全国各地の書店で好評発売中
郵送をご希望の方はこちらから

電子書籍の販売が始まりました!

マインドパワーの真髄が書かれた『生きて 愛して 笑って』

パワーの極意が詰まった『KUNIKO METHOD 未来はあなたの手の中』

医学的な見地からパワーによる改善治癒30症例を掲載した『ふたりの女医の挑戦』

いずれも日本語版、英語版となって配信されています。

さらに『生きて 愛して 笑って』の映像・音声入りの書籍も予約受付となっています。

ご注文、ご予約はこちらから

 

お問い合わせはこちらから

   お問い合わせフォーム

太陽の丘クリニック公式ブログ☟

   http://taiyonooka-clinic.com/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする