ハンドヒーリングによる限局性皮膚そう痒症の改善!(症例報告)

eha0112-049

皮膚そう痒症とは?

皮膚そう痒症とは、皮膚に症状がないのに、かゆみを生じる皮膚病です。全身がかゆくなる場合と陰部など限られた場所がかゆくなる場合があります。なぜかゆみが起こるのか、そのメカニズムは十分に分かっていません。「体の中からわいてくるようなかゆさ」とか「急にかゆみが襲ってくる」という患者さんもいらっしゃいます。

乾燥肌が関わっていたり、胆のう、肝臓系疾患、腎疾患、糖尿病などの内分泌・代謝疾患、血液疾患、悪性腫瘍、精神疾患、薬物や食物や、飲み薬が原因になっていることもあります。

皮膚そう痒症の治療について

皮膚そう痒症は、抗アレルギー薬などの治療にも抵抗することが多く、治療にてこずる病気です。西洋医学的には、保湿剤やステロイド外用、抗アレルギー薬や抗不安薬(抗うつ薬)や紫外線治療などがあります。日常生活における注意点は、入浴時に擦りすぎないように、熱いお湯への入浴を避けるようにアドバイスをしたりします。

ハンドヒーリングによる限局性皮膚そう痒症の改善!

すべての症状は、心はもちろん身体の負担のサインでもあります。対症療法だけでは、なかなかに治っていきません。マインドパワー(ハンドヒーリング)は、原因となる臓器の負担を手のひらでキャッチし、その臓器にエネルギーを送ることで、痛みやかゆみを取ったり、体質を改善させていくものです。

ある患者さん。2、3年前から局所のかゆみを自覚するようになり、長い間、たまらないかゆみに悩まされていました。皮膚科を受診して、様々な抗アレルギー薬やステロイドの外用を試みましたが、改善せず、3か月前にクリニックを受診されました。患者さんと相談し、漢方の内服とワセリンの外用、週1回のハンドヒーリングを行っていくことにしました。

初めて、ハンドヒーリングの施術をしたときに、脳(眉間部分)を両手で挟むと、手のひらがかゆくなるほどのジガジガとした刺激感があり、「脳がかゆみを覚えている…」と感じました。診察の度にそれまであった激しいかゆみが改善していき、ご本人も喜んでいらっしゃいました。ところが、7回目の診察からかゆみが3,4割残ったまま、なかなか改善しなくなり、足踏みをしてしまいました。

毎回「かゆみはいかがですか?」とお尋ねすると、「う~ん、変わらないですね。」「おかげさまで最初に比べると随分いいんですけどね・・・。」というやり取りが続きました。効くと言われる漢方を片っ端から試してみましたが、思わしくありません。

実際にハンドヒーリングの施術をすると、1週間前には手のひらの反応がすっきりするまで変化をさせても、1週間経つと自律神経やお腹に刺激感がまだ残っており、まだかゆみがあることがわかります。

『このままでは、ある程度まで良くなっても、治癒することは難しい…。』ちょうど治療開始から3か月が経過した13回目の診察の時に、ずっと感じていたことを思い切ってお伝えしました。「ハンドヒーリングの施術では、多くの患者さんが7割ぐらいまではよくなるのですが、最後の一歩を治すのは患者さんご自身の自然治癒力です。どうか、取れていない痒みに目をむけるのではなく、7割かゆみが取れたことに感謝の気持ちを持ってください。」

次の診察室の時は、あまり変化がありませんでした。「○○さんは、とても健康でいらしゃっいます。かゆみはあるかもしれないけれど、こうして健康でいられることが奇跡です。」ともう一度お伝えをし、しっかりと全身の反応が変わるまでエネルギーを送りました。

そして今日…

診察室に入ってこられ、「調子はいかがですか?」と祈るような気持ちでお尋ねすると、顔がパーッと明るくなり「お陰様でかゆみのない日がありました!先生にお電話しようかと思ったぐらいです。紙に書いてきました。」と今までにないほどの満面の笑顔で、本当に嬉しそうにおっしゃり、経過を書いた紙を見せてください、全くかゆみのない日が1週間のうち4日間もあり、夕方、夜中、あるいは朝方に少しかゆみが出た日が3日でした。

「え~、良かったですね!!」と思わず私も大声になり、感動で涙が出ました。

「かゆみなく過ごせた日は、『一日かゆみがなかった』と喜びを感じます。完全によくなるまでもう少し治療は続けます。これまで苦しんでいたのはなんだったんでしょうか。もっと早く来ればよかったです。」とおっしゃってくださいました。

本気の思いが病気を治す!

病気を創り出したのは、患者さんご自身であり、病気を治すのは患者さんご自身にしかできません。「治してほしい」という依存心だけでは、病気はなかなかによくなっていきません。ある程度まで肉体は良くなっても、最終的に意識が変わることで、病気はぐんとよくなっていきます。

患者さんは、遠くから時間をかけて、諦めることなく、1度も欠かすことなく毎週受診をされました。なかなかにできることではありません。今回の結果は、「何とか治りたい!」という患者さんの本気と「何とか治したい!」という医師側の本気が届いたのだと思っています。2,3年苦しんだかゆみが3か月半でここまで良くなったことが驚きです。西洋医学や漢方単独の治療では、ここまでの効果を出すのは、難しかったのではないでしょうか。

自分の手で患者さんを癒せること。

患者さんの笑顔が何よりの宝物です。

ブログランキングに参加しています。                          応援クリックをお願いします。励みになります!

太陽の丘クリニック公式ブログ☟

http://taiyonooka-clinic.com/

お問い合わせはこちらから

   お問い合わせフォーム

書籍紹介

マインドパワーの真髄を学びたい人にはこの一冊                         「生きて 愛して 笑って」 (画像をクリック☟)

IMG_20150921_105618                                                                                                全360ページ 1944円(税込)                                          ジュンク堂、紀伊国屋など全国各地の書店で好評発売中                 郵送をご希望の方はこちらから

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする