エネルギー療法による脊柱管狭窄症、アルツハイマー型認知症の改善!

blog_import_576f2b33b86f3

写真は、岐阜のある70代の女性が書かれたものです。

女性は、60代で脊柱管狭窄症を発症し、痛みに苦しみ、2本杖をついて歩いておられました。発症から4年が経った頃、マインドパワーに出会いました。定期的に施療に通い、ご自身も多くの方を癒す中で、今では痛みがなくなり、杖なしで歩くことができるようになりました。

女性のご主人(80代)は、3年前にアルツハイマー型認知症を発症しました。ご主人もパワーの施療を継続する中で、病状が以前は中等度だったのが、今では軽度になっておられます。そのご夫婦が、先日岐阜からはるばる福岡におこしになりました。

(アルツハイマー型認知症は、認知症の中でも最も多く、全体の約4~6割を占める病気です。代表的な症状がもの忘れ(記憶障害)であり、判断能力の低下、見当識障害(現在の日時、自分がいる場所、周囲の人との関係などが正しく認識できない状態)、経過中に無関心、妄想、徘徊、抑うつ、興奮や暴力などの症状があらわれることがあります。現代医学では、根本的なん治療法はなく、症状を抑え、進行を遅らせることが治療の目的となります。)

「もしパワーに出会っていなかったら、今頃寝たきりになっていたと思います。」という女性。もし…を考えると、今頃女性は寝たきりになり、ご主人は認知症が進み、おそらくお二人だけで生活することはできなくなっていたでしょう。お二人が岐阜から元気に福岡におこしになる姿が奇跡だと思います。女性の書の中に彼女の幸せが溢れているように感じました。

『両手に杖で歩くしかなかった六年前

野中先生の教えを学んで以来「どこが悪いの?」

と言われるほどに前向き歩きが出来るようになりました。

前向きに歩けること、考えられること 素晴らしい。

感謝いっぱいハッピーです

過ぎたことは忘れましょう

これからの日々を大切に

生きてるうちでないと愛せない、笑えない

大切な本を杖にして

前に向かって歩きます。』

生きているうちでないと愛せない、笑えない

今を大切に生きていきたいですね。

ブログランキングに参加しています。

応援クリックをお願いします。励みになります!

書籍紹介

マインドパワーの真髄を学びたい人にはこの一冊

「生きて 愛して 笑って」(画像をクリック☟)

IMG_20150921_105618

全360ページ 1944円(税込)        
ジュンク堂、紀伊国屋など全国各地の書店で好評発売中
郵送をご希望の方はこちらから

お問い合わせはこちらから☟

   お問い合わせフォーム

太陽の丘クリニック公式ブログ☟

福岡市の郊外にある太陽の丘クリニックは、豊かな自然に囲まれた癒しのクリニック。必要な検査や投薬は行いながら、西洋医学をベースに患者さん本来が持つ自然治癒力を高める診療を目指しています。遠方から来られる患者さんのためにも土日・祝日も診療を行っています。http://taiyonooka-clinic.com/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする