エネルギー療法によるアトピー性皮膚炎、食物アレルギー、喘息の改善!

gatag-00012835

最近、食生活や生活習慣の変化に伴い、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、喘息、蕁麻疹、花粉症、食物アレルギーなどのアレルギー疾患が増加しています。 お子さんのアレルギーで悩んでおられるお母さんも多くいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、お子さんのアレルギーは、お母さんの手で治してあげられるものです。今日は、ご家族によってお子さんのアトピー性皮膚炎、食物アレルギー、喘息を克服したケースをご紹介します。

6歳 男児

父親は小さい頃から、母親は高校生の頃からアトピー性皮膚炎がありました。生後3ヵ月頃から顔、体の赤みが出現、浸出液を伴うようになり、よだれかけを1日に何十枚も変える状態でした。夜はかゆみのために眠れませんでした。

両親、祖父母が毎日パワーを本人に使い、週1回パワーの施療に通い、病院に行くことなく、4ヵ月で完治しました。以後、アトピー性皮膚炎の症状は全くでていません。同時に食物アレルギー(卵・牛乳・大豆・魚・米・小麦)と喘息も改善しました。

アレルギーは、免疫反応が特定の抗原に対して過剰に反応するためにおこります。現代医療では、症状を抑えることはできても、アレルギーの体質そのものを変えることはできません。

マインドパワーを用いてアトピーの原因を探ってみると、腸や自律神経が大きく関わっていることが多いです。このことは、腸が体において大切な免疫機能を担っていること、消化管のはたらきは自律神経によりコントロールされていることから納得いただけると思います。

パワーの治療は、原因となる臓器にエネルギーを送ることで、「アトピー体質・アレルギー体質」自体を変えていくことができると考えています。

アトピー性皮膚炎は、正しい外用治療、スキンケアでコントロールしていくと自然に治っていくことも期待できますが、重症例の場合、現代医学では病気と付き合っていくことが前提となり、突然治療を中止すると急激に悪化し、時に入院治療が必要となることもあります。

かといって、むやみにステロイド外用薬は怖いものだという認識も正しくありません。私も日常の診療では、症状にあわせて適切な外用量をきちんと指導しています。しかし、ステロイド外用が長期にわたり、皮膚萎縮といった副作用をきたしている患者さんも多くみられます。

そこで、従来の標準的な治療にマインドパワー(ハンドヒーリング)の治療を併用することにより、高い治療効果が期待できるでしょう。これまでより早い段階でステロイド剤が必要なくなる、重症型であっても治癒が望める、食事や環境に注意が必要なくなるというのが、パワーの優れた点ではないでしょうか。

最近では、シックハウス症候群など、ある特定の化学物質に過敏反応を示し、様々な症状を引き起こす化学物質過敏症について取り上げられるようになりました。化学物質過敏症は、心のあり方が大きく関わっており、パワーにより心のあり方・考え方が変わり、化学物質過敏症が治癒するのは、決して珍しいことではありません。

アレルギー体質やアトピー性皮膚炎の素因は遺伝子に組み込まれているもので、体質として子供に受け継がれる確率が高いものです。今回ご紹介した症例も両親がアトピー性皮膚炎でした。しかし、短期間で皮膚症状が消失しており、現在まで再発はありません。お子さんの病気を親が自分の手で治せるというのは、何よりも嬉しいことではないでしょうか。

ブログランキングに参加しています。

応援クリックをお願いします。励みになります!

書籍紹介

マインドパワーの真髄を学びたい人にはこの一冊

「生きて 愛して 笑って」 (画像をクリック☟)

IMG_20150921_105618                                                                                                全360ページ 1944円(税込)        
ジュンク堂、紀伊国屋など全国各地の書店で好評発売中
郵送をご希望の方はこちらから

電子書籍の販売が始まりました!

マインドパワーの真髄が書かれた『生きて 愛して 笑って』

パワーの極意が詰まった『KUNIKO METHOD 未来はあなたの手の中』

医学的な見地からパワーによる改善治癒30症例を掲載した『ふたりの女医の挑戦』

いずれも日本語版、英語版となって配信されています。

さらに『生きて 愛して 笑って』の映像・音声入りの書籍も予約受付となっています。

ご注文、ご予約はこちらから

 

お問い合わせはこちらから

   お問い合わせフォーム

太陽の丘クリニック公式ブログ☟

   http://taiyonooka-clinic.com/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする